JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2018/11/07 event

国指定重要文化財「井上家住宅」保存修理工事現地見学会

こんにちは、倉敷市日本遺産推進協議会です。
11月10日(土)・11日(日)に、国指定重要文化財「井上家住宅」の保存修理工事現地見学会が開催されます。
「井上家住宅」は倉敷美観地区最古の町家建築で、平成14年に主屋など5棟が重要文化財に指定されており、倉敷市の日本遺産の構成文化財でもあります。
現在、老朽化に伴う保存修理工事を実施中で、今回の見学会では、主屋の内部造作や組み立て中の小屋組みなどがご覧いただけます。
昔から受け継がれてきた建築技術や工法の説明を聞きながら、文化財建造物の修理について学んでみませんか?

[日時]
 11月10日(土)・11日(日)
 ※両日とも、10時から4回、13時から5回、30分間隔で案内
 ※見学は1時間程度を予定しています。
 ※建設足場を歩くので、ハイヒール等での入場、未就学児の参加はご遠慮ください。
[場所]
 井上家住宅(倉敷市本町1-40)
[料金]
 200円(資料代)
[問い合わせ先]
 倉敷市教育委員会文化財保護課 TEL 086-426-3851

URL:https://machiya-class.net/product/28-%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%AE%B6%E3%81%A7%E3%80%8E%E5%8C%A0%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%82%B6%E3%80%8F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81%EF%BC%81/

遺産ページ:一輪の綿花から始まる倉敷物語