JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2018/12/26 event

伝統芸能に浸る雅なお正月を過ごそう♪新春能楽祭への誘い

鞆の浦では,毎年1月3日に沼名前神社の能舞台での奉納があります。
豊臣秀吉も愛したこの歴史ある能舞台は,かつて京都の伏見城内に所在した組立式の舞台を福山初代藩主水野勝成が伏見櫓等とともに拝領し,福山城に移したと伝えられています。
その後,元文3年(1738年)に現在のような固定式となりました。桃山時代の初期能舞台の特徴をもつ貴重なもので国の重要文化財でもあります。

普段は非公開のこの能舞台と共に喜多流の気迫ある舞をお楽しみください。
能は初めてという方も新しい年のはじまりを機に体感してみてはいかがですか?

とき:2019年(平成31年)1月3日(木) 開演12:00

ところ:沼名前神社能舞台(福山市鞆町後地1225)

番組:奉納
   素謡「翁」、仕舞「高砂」「羽衣」「八島」
   連吟「福山」

出演:大島政允、大島輝久、大島衣恵、大島伊織
   福山喜多会

鑑賞料:無料

主催:福山喜多会 喜多流大島能楽堂 大島政允

問い合わせ先:TEL(084)923-2633

URL:http://www.noh-oshima.com

遺産ページ:瀬戸の夕凪が包む国内随一の近世港町