日本遺産とはLOGOMARK

ロゴマークについてLOGOMARK

認定された「日本遺産」を紹介するパンフレットなどにおいて表示するロゴマークは
グラフィックデザイナーの佐藤卓氏に作成いただいたものです。
日の丸は日本を表し、その下の縦格子のように見える繊細な線の集合は、
よく見るとJAPAN HERITAGEの文字です。
この線の集合は、ひとつの「面」を形作っています。
つまり、日本の遺産を点から線へ、そして面で捉える「日本遺産」を表現しています。

日本遺産 ロゴ

日本遺産ロゴマークの
使用について

次の協議会等や関係機関の皆様は、
日本遺産ストーリーの普及啓発、広報、理解促進を目的とした場合に限り、
事前に届出をした上で、ロゴマークを無償で使用することができます。
※詳しくは「ロゴマーク使用の手引き」に記載しております。

  • 1 日本遺産を通じた地域活性化のための取組を行う協議会等 文化庁への届出は不要で使用することができます。

  • 2 報道機関(新聞、テレビ、雑誌等)、教育機関(学校・博物館等) 「日本遺産ロゴマーク使用届出書」の必要事項を記入のうえ、
    文化庁参事官(文化観光担当)文化観光振興係まで提出してください。

  • 3 構成文化財の所有者・管理者、ストーリーの域内の団体・企業・個人 当該地域の協議会等への届出が必要となります。
    届出方法や様式は協議会等ごと異なりますので、必要な手続きを確認のうえ、届け出ください。

    日本遺産ロゴマーク
    使用届出書

  • 4 その他、文化庁、協議会等が必要と認める者 その他、協議会等が必要と認める者については、当該地域の協議会等を通じて、文化庁への届出が必要となります。日本遺産全般に関することは、文化庁までご連絡ください。

    協議会のお問い合わせ先

ページの先頭に戻る