JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > 藍のふるさと 阿波

STORY #081

藍のふるさと 阿波
~日本中を染め上げた至高の青を訪ねて~

1

15

47

3

阿波市立土成歴史館

土成歴史館には、藍のふるさと阿波の構成文化財である手束家文書のほか、阿波市土成町より出土した石器・弥生土器・土成丸山古墳の埴輪片や、阿波細川氏が建立した阿波安国寺跡から出土した瓦・磚、近世の農耕具・民具、また、土成町出身の元内閣総理大臣三木武夫氏の遺品などを展示しています。

徳島県阿波市土成町土成字丸山46-1

TEL : 088-695-5038

阿波市立市場歴史民俗資料館

市場歴史民俗資料館は、石器や須恵器、八坂神社古墳出土の切り子玉・管玉・耳環などの副葬品、蜂須賀家政公の御判物、原士関係絵図、板碑、古文書、武具、近世の民具や農耕具・養蚕具のほか、切幡寺大塔修復に伴う資料などが多数展示しています。

徳島県阿波市市場町市場上野段212-2

美馬郷土博物館

徳島県初の公立博物館で、地元の遺跡から出土した遺物や歴史資料を展示しています。

:美馬市美馬町願勝寺

剣山

西日本で2番目に高い山(標高1,955m)で、リフトを使うと約1時間で山頂へたどり着けます。また、「天涯の花」で有名なキレンゲショウマなど多くの高山植物が自生し、季節ごとに可憐な花を咲かせます。

美馬市木屋平

美馬の寺町

美馬市美馬町にある寺町。様々なお寺が雰囲気をかもしだしています。

美馬市美馬町字願勝寺

URL : http://www.city.mima.lg.jp/kankou/kankouannai/miru/0012.html

地福寺(ぽっくり寺)

寺の伝承によると文治年間に景徳上人が開基、正保年間に玄賀上人が中興とされます。
境内には、大永7年(1527)の紀年銘が入っていたとされる石造物や、細川澄賢の墓と伝えられる一石五輪塔が残されています。

徳島県板野郡藍住町勝瑞字西勝地

矢上の大クス(春日神社)

矢上の大クスは、樹齢1200~1400年と推定される県内で最も古いクスノキの巨樹です。文化8年(1811)出版の『阿波名所図会』には「矢上の大楠」として紹介されており、阿波を代表する名木として県下一円に知れ渡っていたようです。
クスのある春日神社は、建仁3年(1203)に奈良春日大社へ寄進して成立した荘園、矢上荘の鎮守として設けられたといわれています。(県天然記念物 昭和31年2月7日指定)

徳島県藍住町矢上春日

籠池の高地蔵

旧讃岐街道に、往来する人の安全を見守るかのように全高3.82mを測る大きな高地蔵が建てられています。かつて、この付近は「カクジの浜」という川湊があり、藍玉の積み出しや金肥の陸揚げで大いに賑わっていました。しかし、安政元年(1854)11月5日の安政南海道地震により大きな被害を被りました。この地震による死者を供養するために建てられたものです。

徳島県板野郡藍住町東中富字龍池傍示

船窪つつじ公園

高越山から奥野々山に通ずる尾根に位置しており、面積およそ3haに及ぶ高原状の窪地(標高1,060m)に、オンツツジを主体とする植物の群落があります。
オンツツジの株は、大きいものでは1株に20数本の主幹が群がって生え、その束生する幹周りは数m、高さは6mに及ぶものもあります。
天然の群落であるため、年ごとに開花状況の差はありますが、例年5月中旬から下旬にかけてが見頃になります。(国天然記念物 昭和60年10月26日指定)

徳島県吉野川市山川町奥野井

穴吹川

『日本一の清流』穴吹川は、剣山を源流として美馬市木屋平~穴吹町を流れ吉野川にそそぐ一級河川で、夏になると徳島県内有数の川レジャースポットとしてにぎわいます。

美馬市穴吹町

アインシュタイン友情の碑

舞中島出身の世界的外科医、三宅速とアインシュタインの親交の証です。欧米視察旅行から帰途の船中、アインシュタイン博士の急病を治療するという縁からお互いに親交があり、三宅先生夫妻の戦争による死を悼んで、自筆の哀悼文が寄せられたものです。

徳島県美馬市穴吹町三島舞中島1443

URL : http://www.city.mima.lg.jp/kankou/kankouannai/shiru/0028.html

壇の大クス

樹高は20m、樹周は根まわり18.8m、推定樹齢約820年のクスノキです。鴨島町森藤の壇という台地の北東縁、若宮神社境内にあります。
当地は康頼神社ともいい、東北下斜面には康頼の墓といわれる場所があります。康頼神社は、1186(文治2)年に源頼朝の命を受けて阿波国麻殖保司としてこの地に着任した平康頼の死後、遺言によって家臣が当地に祠を建て、主君を神として祀ったのが始まりといわれています。
現在の康頼神社は、康頼を慕う地域住民や家臣ゆかりの人々らによって、康頼の功績を称えるために江戸時代の天明年間(1781~1789)に建立されたといわれています。(県天然記念物 昭和40年3月5日指定)

徳島県吉野川市鴨島町森藤566