お知らせnews

2022.07.14

#012 六根清浄と六感治癒の地

メディア

【鳥取県三朝町:六根清浄と六感治癒の地】とっとり日本遺産フォーラムが開催されました。

  • 鳥取県
鳥取県内で認定されている4つの日本遺産。これらの魅力を紹介し、観光振興への活用策を考える「とっとり日本遺産フォーラム」が6月25日、三朝町で開催されました。
同フォーラムは、鳥取県内の日本遺産の連携を目指し本年5月に発足した「とっとり日本遺産ネットワーク会議」が主催したもので、当日は各地域の特産品の販売やワークショップも行われるなど、県内外から多くの方が参加しました。
フォーラムでは最初に、日本観光振興協会総合研究所顧問の丁野朗氏が講演。丁野氏は「地域の優れた物語そのものが地域のブランドに成り得る。物語を持たない地域にはリピーターは訪れない。」とし、個々の文化財の価値だけではなく、それらの背景にある魅力や価値を物語として編集・発信していくことが必要であると説明。物語を活用する視点の重要性を述べられました。
後半は、三朝温泉旅館協同組合の理事長で本年から三朝町日本遺産地域プロデューサーに就任された沖田雅浩氏、三朝小学校校長の藤原彰二氏、三朝町観光交流課長の藤井紀好氏、三朝町国際交流員のアラン・マリー氏が登壇。それぞれの取組み状況等を紹介しました。
このほか、地域を学ぶ「ふるさとキャリア教育」の一環として、三朝中学校生徒が地元の日本遺産「六根清浄と六感治癒の地」を体験する様子も紹介されました。

ページの先頭に戻る