JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > 「なんだ,コレは!」 信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化

STORY #026

「なんだ,コレは!」 信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化

5

4

19

2

星峠の棚田(越後松代棚田群)

十日町市を代表する棚田です。
大小様々な棚田約200枚がまるで魚の鱗のように斜面に広がっています。
雲海が発生し、水鏡が輝くベストシーズンには、その美しい風景を眺めようと全国各地から多くのカメラマンや観光客がこの地を訪れています。
四季折々・朝昼晩と様々な顔を見せてくれる星峠の棚田は、十日町市に点在する棚田の中でも最も人気がある棚田スポットです。

十日町市峠

TEL : 025-597-3442

URL : https://www.tokamachishikankou.jp/natural/tanada/hoshitoge/

美人林

松口の丘陵に樹齢約100年ほどのブナの木が一面に生い茂り、そのブナの立ち姿がとても美しいことから「美人林」と呼ばれるようになりました。
大正末期、木炭にするためすべて伐採され裸山になりました。
ところが翌年、この山のブナの若芽が一斉に生えだし、ブナ林が野鳥の生息地として見直され、美人林が保護されるようになりました。
全国から写真愛好家が集まる、人気の観光スポットです

十日町市松之山松口1712-2付近

TEL : 025-597-3442

URL : https://www.tokamachishikankou.jp/bijinbayashi/

節季市(チンコロ市)

冬期間の副業として、農家の人々が竹やわらなどで作った生活用品や民芸品を持ち寄り開かれる市として、江戸時代から始まったと言われる歴史ある市です。
毎年1月10日、15日、20日、25日に市内の諏訪町で開催され、通りには竹細工・わら細工などの民芸品や漬物、乾物、お菓子などを売る約50軒ほどの露店が立ち並びます。
その中でも縁起物の「チンコロ」が一番の人気です。毎年、チンコロを売る店の前には長蛇の列ができ、あっというまに売り切れてしまいます。
節季市は、別名「チンコロ市」とも呼ばれ、親しまれています。

TEL : 025-757-3100

URL : http://www.city.tokamachi.lg.jp/kanko/K001/K006/1480582367129.html

「大地の芸術祭」の里(十日町市・津南町)

3年に1度開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の舞台となる、越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)を「大地の芸術祭の里」と呼んでいます。
ここでは、1年を通して、地域に内在するさまざまな価値をアートを媒介として掘り起こし、その魅力を高め、世界に発信し、地域再生の道筋を築くことを目指しています。
その成果発表の場となるのが、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」です。
(画像:草間彌生「花咲ける妻有」 Photo by Osamu Nakamura)

TEL : 025-761-7767

URL : http://www.echigo-tsumari.jp/

史跡古津八幡山遺跡 弥生の丘展示館

古津八幡山遺跡について学ぶことができる展示館です。歴史の広場では弥生時代のムラや古墳を体感できます。
○施設紹介
 平成24年4月に開館した史跡古津八幡山遺跡のガイダンス施設です。弥生時代・古墳時代に関するさまざまなイベントの他、各種体験を行うことができます。国指定史跡、古津八幡山遺跡は、新津丘陵家にある弥生時代の遺跡で、集落の周囲に濠をめぐらした南北400m、東西150mにも及ぶ大規模な高地性環濠集落です。古墳時代には県内最大の直径60mの古墳、古津八幡山古墳が築かれています。堅穴住居や環濠、墓などが復元されており弥生時代のムラや古墳を体感できます。眼下に広がる越後平野や角田・弥彦山、信濃川の河口や佐渡まで一望できます。また、豊かな自然の中で四季折々の植物や昆虫も観察することができます。

○館の紹介
 古津八幡山遺跡の麓にある弥生の丘展示館は、古津八幡山遺跡から出土した旧石器時代から平安時代の土器や石器など500点以上を展示しています。アニメーションや弥生時代のムラのようすを復元した模型で、古津八幡山遺跡の歴史をわかりやすく紹介しています。壁には考古イラストレーター早川和子さんによる時代や季節ごとの遺跡の復元画があり、小・中学生にも親しみやすい展示となっております。また、火起こしや勾玉・銅鏡づくりなど各種体験を個人・団体で行うことができます。

〒956-0846 新潟県新潟市秋葉区裏ヶ沢264番地

TEL : 0250-21-4133

URL : http://www.city.niigata.lg.jp/kanko/bunka/rekishi/maibun/kuni_furutsuhachiman/index.html

新潟市文化財センター

豊富な出土品から新潟市の歴史について学べます。体験学習や歴史の調査・研究にお勧めです。
○施設紹介
 市内の遺跡から出土した遺物や調査記録、民具などの収蔵や保存、調査、研究、展示、体験学習などを行っている施設です。
 新潟市は日本海や信濃川・阿賀野川の二大河川を中心に古くからヒトやモノの交流が盛んに行われていました。また、広大な越後平野の多くは低湿な環境にあるため、木製品など有機物の遺物が残りやすい特徴があります。

○館の紹介
 現在、市内には旧石器時代から江戸時代まで700か所以上の遺跡があります。本施設では市内の遺跡から出土した遺物を時代ごとに展示・解説しているほか、交流などデーマに沿った企画展示も行っており、遺跡からみた新潟市の歴史を理解することができます。敷地内には移築された民家、旧竹田家住宅や畜動舎があり見学することができます。定期的に講演会や速報展示も行っているほか、火起こしや勾玉・銅鏡づくりなど各種体験を個人・団体で行うことができます。

〒950-1122 新潟市西区木場2748番1

TEL : 025-378-0480

URL : http://www.city.niigata.lg.jp/kanko/bunka/rekishi/maibun/maibun/gaiyo/about_center.html

新潟市歴史博物館 みなとぴあ

信濃川火焔街道の入口に建つ博物館。河口部に暮らす先人たちの知恵と努力が感じ取れます。信濃川の河口、幕末の開港場につくられた歴史博物館。日本海と2つの大河を通じた人とモノの交流が織りなす歴史のドラマを伝えます。
○館の紹介
 信濃川に面して整備された新潟市歴史博物館には、活動の中心になる博物館本館のほか、重要文化財の旧新潟税関庁舎や登録有形文化財の旧第四銀行住吉町支店などの歴史的建造物も建っています。
 博物館本館の常設展示では、砂丘や低湿地に暮らす新潟の人々の営みを、「水」とのかかわりの中で展示しています。その始まりとして笹山前遺跡から出土した約6,000年前(縄文時代前期)の深鉢形土器を展示しています。これは信濃川と阿賀野川の河口部に形成された砂丘上に人々が暮らし始めたことを示すもので、これを起点に大河の河口部が港として発展してきた歴史と、砂丘の内側の低湿地では先人たちが悪水とたたかいながら水田開発に取り組んできた歴史を紹介します。
 展示室入口には信濃川・阿賀野川の流域を示す立体地形模型があり、信濃川火焔街道の地形の全容を俯瞰することができます。

〒951-8013 新潟県新潟市中央区柳島町2-10

TEL : 025-225-6111

URL : http://www.nchm.jp/

津南町農と縄文の体験実習館「なじょもん」

津南町の主な産業である「農」と「縄文」をキーワードとし、津南町の歴史的自然環境を守り、後世へ伝えていくための館です。
「自然と人とのつながり」にスポットライトをあて、縄文人の暮らし体験・アンギン編み・土器づくりなどの縄文体験や、自然体験、農業体験など、さまざまな体験できます。

〇館内の紹介
季節ごとの企画展示や、津南町で出土した土器や石器、津南町に生息する動物の剥製や骨格標本を展示しています。
遺跡整理室では、町内で発掘調査された資料の整理作業などが行われ、修復された本物の土器がいつでも触ることができるように展示してあります。
地域ギャラリーには、津南町の立体地形模型があり、町全体の地形を一望することが出来ます。また、津南町の自然・歴史・伝統文化などを学べる映像を見ることもできます。

屋外には、7棟の竪穴住居が復元された「縄文ムラ」や芝生広場などがあります。

新潟県中魚沼郡津南町大字下船渡乙835番地

TEL : 025-765-5511

URL : http://www.najomon.com

津南町歴史民俗資料館

津南町で発掘された考古資料が展示しています。
隣接した収蔵庫には秋山郷を中心に、この地域全体から集められた生産や生活に使った用具類をはじめ、豪雪地帯ならではの生活用具を展示しています。収納展示されている秋山郷周辺の山村生産用具は「国重要文化財」に指定されています。
また、敷地内には雪国特有の茅葺民家(津南町指定文化財)が保存されており、昔の姿そのまま補修されることなく残っています。

TEL : 025-765-2882

URL : https://www.town.tsunan.niigata.jp/site/kyoiku/minzokushiryokan.html

馬高縄文館

世界で唯一の火焔土器をはじめ、長岡市内各地の縄文遺跡から出土した遺物を多数展示しています。

新潟県長岡市関原町1-3060-1

TEL : 0258-46-0601

URL : http://www.museum.city.nagaoka.niigata.jp/umataka/index.html

藤橋歴史の広場

「藤橋遺跡・同出土品」が見られる遺跡公園。
展示施設「ふじはし歴史館」のほか、発掘した柱穴群を見学できる「遺構展示館」、特徴的な住居を復元した「縄文の家」があります。

新潟県長岡市西津町4157-1

TEL : 0258-46-8441

URL : https://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisetsu/bunka/fujihasi.html

長岡市立科学博物館

長岡市の自然と歴史を学べる総合博物館。考古資料は旧石器時代から中世の石器や土器などを見ることができます。

新潟県長岡市幸町2-1-1(さいわいプラザ)

TEL : 0258-32-0546

URL : http://www.museum.city.nagaoka.niigata.jp/