JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > 「なんだ,コレは!」 信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化

STORY #026

「なんだ,コレは!」 信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化

0

0

0

0

STORY

日本一の大河・信濃川の流域は、
8000年前に気候が変わり、
世界有数の雪国となった。
この雪国から5000年前に誕生した「火焔型土器」は
大仰な4つの突起があり、
縄文土器を代表するものである。
火焔型土器の芸術性を発見した岡本太郎は、
この土器を見て「なんだ、コレは!」
と叫んだという。
火焔型土器を作った人々のムラは
信濃川流域を中心としてあり、
その規模と密集度は日本有数である。
このムラの跡に佇めば、
5000年前と変わらぬ独特の景観を追体験できる。
また、山・川・海の幸と
その加工・保存の技術、アンギン、
火焔型土器の技を継承するようなモノづくりなど、
信濃川流域には縄文時代に起源をもつ
文化が息づいている。
火焔型土器は日本文化の源流であり、
浮世絵、歌舞伎と並ぶ日本文化そのものなのである。

構成文化財一覧 詳細 [PDF 5.7M]

構成文化財一覧

ACCESS

新潟市
  • 鉄道
    • JR東京駅(上越新幹線)~JR新潟駅
    • 関越自動車道練馬IC~北陸自動車道新潟西IC
三条市
  • 鉄道
    • JR東京駅(上越新幹線)~JR燕三条駅
    • 関越自動車道練馬IC~北陸自動車道三条燕IC
長岡市
  • 鉄道
    • JR東京駅(上越新幹線)~JR長岡駅
    • 関越自動車道練馬IC~長岡IC
十日町市
  • 鉄道
    • JR東京駅(上越新幹線)~JR越後湯沢駅(北越急行ほくほく線)~JR十日町駅
    • 関越自動車道練馬IC~石打塩沢IC~国道353号経由~国道117号
魚沼市
  • 鉄道
    • JR東京駅(上越新幹線)~JR浦佐駅(1時間45分)
    • 関越自動車道練馬IC~小出IC(約2時間30分)
  • 高速バス
    • 池袋駅東口~小出IC(3時間30分)
津南町
  • 鉄道
    • JR東京駅(上越新幹線)~JR越後湯沢駅(北越急行ほくほく線)~JR十日町駅(JR飯山線)~JR津南駅
    • 関越自動車道練馬IC~石打塩沢IC~国道353号経由~国道117号

CONTACT

  • 信濃川県火焔街道連携協議会事務局
    津南町教育委員会文化財班
  • TEL:025-765-5511