JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > やばけい遊覧

STORY #054

やばけい遊覧
~大地に描いた山水絵巻の道をゆく

八面山(はちめんざん)

「八」の字の形をしたテーブル状のメサの山。どこからみてもこの形をしていることが、「八面山」と呼ばれている。古代信仰の巨石群が点在する霊山。宇佐八幡神の伝説の舞台でもある。修験の道をめぐり登れば、周防灘から耶馬渓、玖珠にまで広々とした眺望が広がる。4つの登山ルートがあるが、車で登ることもできる。眺望がよく、巨石群を楽しめる「天空の道」近くには駐車場あり。「夕日を望む丘」からは耶馬渓の山並みを望める。ふもとの「八面山荘」では食事のほか、温泉、宿泊、バーベキューも楽しめる。

中津市三光田口

羅漢寺(らかんじ)

14世紀開山の全国の羅漢寺総本山。岩山全体で、中国の羅漢の聖地「天台山」を表現している。2000体とも3000体ともいわれる石仏の中でも、岩窟におさめられている五百羅漢は日本最古で国指定重要文化財。全国の五百羅漢像はここからはじまった。仁王門からの階段を登るのが大変な方には、往復リフト(有料)がある。仏の教えを体感したい方は、古羅漢から続く探勝道をめぐり、旧参道の長い石畳を歩き、仁王門手前から山に這い登る本来の参道をめぐっていただきたい。ただし、健脚の方にのみおすすめです。

中津市本耶馬溪町跡田

古羅漢(ふるらかん)

溶岩が隆起してできた岩山で、羅漢寺対岸の霊峰。「天人橋」と呼ばれる天然の石橋がかかり、岩窟が口をあける奇峰。頂上には羅漢寺の五百羅漢と同じころに制作された県指定の石仏がある。ふもとの駐車場からは10分ほどで登れ、「天人橋」からの眺めは素晴らしく、羅漢寺参りとともに必ず訪れてほしい場所。秋には眼下に白いソバ畑が広がる。天人橋からは鎖をつたい、磨崖仏や石塔をめぐる探勝道となっており、対岸におりれば、羅漢寺の旧参道の石畳へと続く。

中津市本耶馬渓町跡田

競秀峰(きょうしゅうほう)

1KMにわたり、巨大な屏風を立て並べたような岩峰が続く。明治時代、土地が売りに出されたとき、福沢諭吉が土地を買い上げ、開発から守った景勝地である。中津城下町にある「福沢諭吉旧居・記念館」には、そのときの証拠である「福澤家土地台帳」が展示されている。尾根道は岩窟や仏をめぐる探勝道となっており、展望所にいけば、眼下に雄大な景観が展開する。このふもとの川沿いには、江戸時代に僧が30年かけて手掘りした「青の洞門」がある。青の洞門は車でも通れるが、ぜひ歩行者専用の手掘りの道を通ってほしい。車道よりも低く、目立ちにくいので注意。

中津市本耶馬溪町曾木

村上医家史料館(むらかみいかしりょうかん)

中津藩医村上家の屋敷で、江戸時代の医家が史料館となっている。市史跡。中津~玖珠をつなぐ深耶馬渓の道路をつくった村上田長の家で、建物は田長が医師をしていたときのまま。人体解剖の資料など医学史の貴重な資料や田長関連資料も多数展示している。藩医の屋敷の風情が美しく、昭和まで使用されていた薬局の雰囲気等、建物そのものが楽しめる空間である。

中津市諸町1780

TEL : 0979-23-5120

一目八景(ひとめはっけい)

深耶馬渓観光の中心部。明治時代、村上田長によってつくられた道が絶景の地を貫いたことことから、観光名所となった。展望台にのぼりぐるりとまわりを見渡せば、八方奇岩に囲まれることから一目八景と呼ばれる。新緑と紅葉の時期が特に美しい。大きな駐車場が整備されており、名物のソバを中心としたお食事処、お土産処が軒を連ねる。遊歩道を歩く森林浴もおすすめ。ここから玖珠まで、渓流沿いのドライブが楽しめる。

中津市耶馬溪町大字深耶馬

大谷渓谷(おおたにけいこく)

中津市と玖珠町の間にまたがる一枚岩の渓谷。浅瀬が10kmも続くという。暑い夏には裸足で水遊びをしてほしい。紅葉シーズンには渓流が赤く染まる。中津側、玖珠側ともキャンプ場、コテージ、温泉などの施設があり、家族づれで楽しめる。

中津市耶馬溪町大字深耶馬、玖珠町日出生

旧久留島氏庭園(きゅうくるしましていえん)

江戸時代、森藩の藩主久留島氏の庭園。藩邸は明治時代に焼失したが、巨石を大胆に配した見事な庭園が残っている。旧久留島氏庭園は、「藩主御殿庭園」「栖鳳楼(せいほうろう)庭園」「清水御門御茶屋庭園」という三つの国史跡名勝庭園の総称。庭園を配した山には末廣神社が建立されているが、小藩ゆえに城を持つことを許されなかった藩主が城郭化した造りとなっている。訪れた際には、藩主の「城を持つ夢」にも想いをはせてほしい。

玖珠町大字森

森町の町なみ

森藩の城下町。明治末、中津と玖珠をつなぐ道路が開通すると、中津から深耶馬渓を抜け玖珠の森町へ行く道が観光ルートとなり、森町は耶馬渓観光の玖珠町側の入口となった。森町には明治末~大正~昭和初期の歴史的建造物が残っており、懐かしい商店や、可愛らしい食事処など、レトロな町なみの散策が楽しめる。日本遺産の構成文化財である玖珠独特の栗饅頭や、丸い形のきんつばなど、和菓子やさんめぐりも楽しんでほしい。

玖珠町大字森

谷河内の景(たにごうちのけい)

玖珠町側の深耶馬渓の景観。石柱群がのびる雄大な景色は日本とは思えない。紅葉の季節が特に美しい。道路沿いから眺めるだけで、空撮したかのような景観を楽しめる。

玖珠町日出生

慈恩の瀧(じおんのたき)

瀧坪まで降り、瀧の裏側を通ることができる「裏見の瀧」。二段に落ちる様は壮観で、夏でも涼しく、激しい流れを間近に見て、水しぶきをあびる体験は人気。

玖珠町山浦

猿飛千壺峡(さるとびせんつぼきょう)

山国川源流近く、川底で石が回転し、何万年もかけて無数の甌穴(おうけつ)となった不思議な景観。天然記念物。下流の魔林峡まで、川沿いに遊歩道があり、石橋やつり橋をわたりながら楽しめる。道路沿いにあり、駐車場もある。

中津市山国町草本