JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > 明治貴族が描いた未来

STORY #058

明治貴族が描いた未来
〜那須野が原開拓浪漫譚〜

2

5

13

2

矢板のリンゴ

矢板市は、標高の低い土地でリンゴ生産ができる南限といわれています。市内には18のリンゴ園があり、栃木県内1位の生産量を誇ります。大正3(1914)年に山縣有朋が青森県から技師を呼び、苗木を植栽したのが始まりとされます。

PDF : 矢板のリンゴ園一覧 [PDF 692K]

那須ワイン

渡邊葡萄円は明治17年(1884)に創業された、ブドウ作りから一貫して行う国内でも最も古いワイナリーの一つです。日本固有種のマスカットベリーAを用いて、創業以来変わらぬ製法で生産されています。生前の乃木将軍が愛飲したといい、今の乃木神社に奉納されています。