JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2020/10/13 event

西国三十三所草創1300年記念事業を2022年3月31日(木)まで延長いたします。

2018年は養老2年より数えて1300年。西国三十三所では、2016年3月よりさまざまな記念事業を行って参りましたが、今年は新型コロナウイルスの影響により、行事の中止や変更、延期を余儀なくされております。そこで、新型コロナウイルスによる影響を考慮し、また、一日も早い終息を願い、当初予定しておりました2020年12月18日(金)までの事業を、2022年3月31日(木)まで延長することにいたしました。
未だ先の見えない状況ではありますが、状況に応じて出来る限り草創1300年記念の特別な事業を行ってまいります。

西国三十三所草創1300年記念「特別印」も2022年3月31日(木)まで。

徳道上人が閻魔大王から授かった33の法印が起源といわれる御朱印。西国三十三所の札所寺院では、西国三十三所草創1300年記念事業終了日まで、ご納経の際に特別印を押印いたします。特別印は33の札所寺院ごとに絵柄が違います。また、当初、令和3年3月まで予定しておりました月参り巡礼と、令和2年12月18日(金)に予定しておりました中山寺での結願法要はともに延期とし、斎行の日程などは決定次第、随時発表いたします。


URL:https://www.saikoku33-1300years.jp/

URL:https://www.saikoku33.gr.jp/

URL:https://jh-saikoku33.jp/

遺産ページ:1300年つづく日本の終活の旅