JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2021/06/03 media

世界遺産登録推進フォーラム「近世日本の教育遺産群を世界遺産に」の開催について

茨城県水戸市,栃木県足利市,岡山県備前市,大分県日田市の4市は「近世日本の教育遺産群」の世界遺産登録に向けた活動を推進しています。また,平成27年には日本遺産に第1号認定を受けました。
世界遺産を目指して,今回は,日本の世界遺産登録に最前線で関わってきた,逞い文化を創る会と本協議会の専門委員によるフォーラムを開催します。
事前申し込み制となっておりますので,下記の内容をご確認の上,お申し込みください。

【プログラム】
 基調講演1
  「世界遺産登録における最近の傾向と近世日本の教育遺産の可能性」
    松浦 晃一郎氏(第8代ユネスコ事務局長)
 基調講演2
  「近世日本の学習と教育のネットワーク」
    橋本 昭彦氏(国立教育政策研究所教育政策・評価研究部総括研究官)
 パネルディスカッション
  「近世日本の教育遺産群の世界遺産としての価値を考える」
  (パネリスト)
    松浦 晃一郎氏(第8代ユネスコ事務局長)
    岩槻 邦男氏(東京大学名誉教授・兵庫県立人と自然の博物館名誉館長)
    五十嵐 敬喜氏(法政大学名誉教授・日本景観学会元会長)
     橋本 昭彦氏(国立教育政策研究所教育政策・評価研究部総括研究官)
    大石 学氏(独立行政法人日本芸術文化振興会監事・東京学芸大学名誉教授)
    江面 嗣人氏(岡山理科大学・建築歴史文化研究センター長・特担教授)
  (モデレーター)
    西村 幸夫氏(前日本イコモス国内委員会委員長・國學院大学教授)

  【日時】
    令和3年7月10日(土)  午後1時00分~午後4時30分(開場午後12時30分)

  【会場】
    水戸市総合教育研究所(茨城県水戸市笠原町978-5)
  【定員】
    100名
  【申込期間】
    令和3年6月1日~令和3年6月25日(締切日必着)
  【申込方法】
    いばらき電子申請サービス,ハガキのいずれか。1回の申込みで5名まで申込み可能。
    「世界遺産フォーラム参加希望」と明記のうえ,コロナウイルス感染症拡大防止のため申込者全
    員の①氏名②住所③電話番号④性別⑤年齢を記載すること。※定員を超える場合は抽選にて
    決定。
  【問い合わせ・申込先】
     水戸市教育委員会歴史文化財課世界遺産推進室
      〒310-8610
      茨城県水戸市中央1-4-1
      電話番号:029-306-8132

遺産ページ:近世日本の教育遺産群