JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2021/07/16 other

駿州の旅日本遺産の構成文化財に「由比宿名物たまご餅」が追加認定されました!

江戸時代から庶民に愛され、今も宿場名物として味わうことができる「たまご餅」。
今回、認定ストーリーの内容をより充実させるため、追加申請を行い、正式に構成文化財への追加が決定しました。

「由比宿名物たまご餅」は、江戸時代から由比川のほとりの茶屋で売られていた街道名物です。「東海道中膝栗毛」の中では、さとう餅という名前で登場します。あんこを上新粉(うるち米)を使った白い餅で包んだお菓子で、その姿から「たまご餅」と呼ばれるようになりました。

現在は、1926年創業の「春埜製菓」で購入することができます。

由比宿へ行かれた際は、ぜひ、ご賞味ください。

URL:https://shizuoka.tokaido-guide.jp/location/15

遺産ページ:日本初「旅ブーム」を起こした弥次さん喜多さん、駿州の旅