JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2017/07/21 event

耶馬渓(やばけい)に伝わる「かっぱ祭り」がスタートします!

中津市・玖珠町を覆う渓谷の地「耶馬渓」。その地形は追っ手から身を隠すのに都合がよく、平家の落人が隠れ住んだといわれています。
平家の落人が河童に身をかえ登場する祭りは耶馬渓の谷ごとに伝わり、今でも中津市・玖珠町で同じ流れを持つ9つの祭りが受け継がれ、10月まであちこちの谷で披露されます。

耶馬渓町宮園の雲八幡宮では、日本遺産の構成要素となった河童祭りの先陣をきって、来る7月29日(土)15時30分から17時00分にかけて、「かっぱ祭り 宮園楽」が奉納されます。
太鼓の上にのって、筑後から伝わったという由来書が長々と読み上げられるとお祭りのはじまりです。

のどかな渓谷に楽の音がひびき、小さな4匹の子河童を、鬼の顔が描かれた大きな団扇が取り囲みます。脅すようにふりあおがれる大団扇の元で、心細そうにしゃがみこみ、小さな楽器を鳴らす子河童たちの愛らしさが印象的な祭りです。

耶馬渓一古い歴史を持つという雲八幡宮の森の神秘的なロケーションの中で、奇祭「かっぱ祭り」を堪能してみませんか。

開催地住所:大分県中津市耶馬溪町宮園363 雲八幡宮境内
     
問合せ先:中津市教育委員会 社会教育課 文化財室 TEL0979-22-1111

URL:http://kumohachiman.j-air.net/index2.html

遺産ページ:やばけい遊覧