JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2018/10/03 other

「稲むら」

こんにちは、広川町日本遺産推進協議会です。
日本遺産に認定された『「百世の安堵」~津波と復興の記憶が生きる広川の防災遺産~』ストーリーの構成文化財「稲むら」を、「稲村のいなほかい」「広・南広土地改良区」「広川町日本遺産推進協議会観光専門部会」の皆さまと一緒に作りました。ご協力頂きました皆さまありがとうございました。
江戸時代、広川町の偉人濱口梧陵は、津波に襲われた時「稲むら」に火を放ち、暗闇から町の人々を救いました。そのエピソードは「稲むらの火」として今も小学校の教科書に掲載されています。
米づくりの機械化のため、地元でも目にすることが少なくなった「稲むら」。国指定史跡広村堤防近くのえびす神社の隣にあります。広川町を訪れた際にはぜひお立ち寄りください。

※アクセスについては、下記Googleマップの共有リンクをご覧ください。

URL:https://goo.gl/maps/nCMPigWBxdN2

遺産ページ:「百世の安堵」