JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2018/10/10 event

「世界津波の日」2018高校生サミットin和歌山 開催!

こんにちは、広川町日本遺産推進協議会です。
世界48か国の高校生250名と国内高校生135名が和歌山に集い、防災分野における将来のリーダーを育成し、災害から世界中の人々の命を守ることを目的に「世界津波の日」2018高校生サミット in 和歌山が以下の日程で開催されます。
この高校生サミットは、災害から命を守る「稲むらの火」発祥の地で濱口梧陵の精神を共に学ぶをテーマに据え、今回は国内で3回目になります。
世界津波の日は「稲むらの火」の故事にちなんで11月5日に制定され、国内では津波防災の日としても知られています。
海外高校生はスタディーツアーとして、10月28日(日)に広川町の稲むらの火祭りに参加し、29日(月)~30日(火)には日本遺産構成文化財の濱口梧陵記念館や広村堤防にも訪れます。
詳細は下記リンクをご覧ください。

「世界津波の日」2018高校生サミットin和歌山
日程 10月31日(水)~11月1日(木)
場所 和歌山ビックホエール 他

URL:https://www.tsunami2018wakayama.telewaka.tv/

遺産ページ:「百世の安堵」

「世界津波の日」2018高校生サミットin和歌山 - パンフレット [PDF 514K]