JAPANESE | ENGLISH
HOME > SPECIAL > やばけい遊覧~大地に描いた山水絵巻の道をゆく

やばけい遊覧~大地に描いた山水絵巻の道をゆく

  • テーマで巡る!モデルコース
  • オススメのみどころ紹介
  • グルメ・お土産・宿泊 お役立ち情報
  • お問い合わせとアクセス

奇岩と渓流が織りなすダイナミックな大自然の神秘に包まれる渓谷観光

奇岩の渓谷「耶馬渓(やばけい)」。そこは、火山と水と風が作り出した不思議な空間。一枚岩の川底、苔むした巨石、天にかかる天然の石橋、石柱群・・人々は自然の造形にインスピレーションを受け、石仏、寺院、石橋、トンネル、庭園と、様々な優れた作品を生み出していきました。大正時代、ついに鉄道や石橋で一つにつながり完成したのは、大地に描かれた巨大な山水絵巻か、アミューズメントパークか。

「大谷渓谷」(玖珠町)

渓谷をはさむ中津市と玖珠町の二つの城下町から、ひとたびこの空間に足を踏み入れれば、様々な探勝ルートが巡り、何度きても制覇できないほど。春夏秋冬、いつ来ても厳かに美しい。そして結構スリリング!絶景ポイントは、実はどこも道から近く、気軽に「秘境感たっぷりの写真」が撮れるのが一番の魅力です。

廃線鉄道の線路跡を利用したサイクリングロードや、玖珠町の豊後森機関庫に転車台と、鉄道マニアも大満足な観光地です。

「羅漢寺の五百羅漢石仏」(中津市)

海山川のグルメが楽しめ、温泉もたくさん。しっとり歴史を感じ、自然の神秘につつまれ、パラグライダーや水上スキー体験、カヌーにトレッキングとアクティブに楽しむ。あなたも大正時代の旅人となって、古くて新しい、やばけい遊覧の旅をおたのしみください。

「猿飛千壺峡」(中津市)

もっと詳しく知る

上から「大谷渓谷」(玖珠町)、「羅漢寺の五百羅漢石仏」(中津市)、「猿飛千壺峡」(中津市)

奇岩と渓流の神秘を堪能する旅 奇岩と渓流の神秘を堪能する旅
10:00

1青の洞門

18世紀、羅漢寺参りの人々が川に落ち命を落とすさまを見て、僧が30年かけて手掘りしたトンネル。対岸から絶壁に並ぶ岩窓と、洞内の手掘りのノミ跡が楽しめる。

10:30

2古羅漢

羅漢寺対岸の、天然の石橋がかかり岩窓が口をあける耶馬渓一の奇峰。鎖をつたい、岸壁をはい、石仏・石塔群を巡る道。整備された駐車場から徒歩5分で秘境感を味わえる。

11:10

3羅漢寺

岩窟に溶け込むように造られた寺院。中国の羅漢の聖地を表現しており、日本最古の五百羅漢石仏(国重文)をはじめ、岩山のあちらこちらで羅漢像たちが今も修行を続けている。
(見学後周辺で昼食)

12:50

4渓石園

耶馬渓ダムそばの日本庭園。石と水の造形が美しい、耶馬渓の大自然を濃縮した公園。桜や紅葉を楽しむフォトスポットとして人気。

13:30

5旧耶馬渓鉄道線路跡サイクリングロード

耶馬渓鉄道線路跡を利用したサイクリングロードでは、鉄橋やトンネル、駅跡など、鉄道遺産が楽しめる。写真の赤い鉄橋はサイクリングターミナル近く。

16:00

6猿飛千壺峡

山国川の源流近くの、川底に無数の穴が開いた甌穴が群をなす不思議な景観。下流の魔林峡まで、川沿いに遊歩道がある。国天然記念物。

16:30

7魔林峡

岸壁と渓流と念仏橋がつくる一服の絵のような渓谷美が展開。道路沿いで駐車場も完備。気軽に遊歩道で楽しめる。 猿飛千壺峡と連続する。

20:00ごろ

8蛍の群生地

耶馬渓には蛍の群生地がたくさん。猿飛千壺峡の奥もその一つ。蛍マップを確認して無数の蛍に包まれる体験をしてほしい。

鉄道遺産と秘境をめぐる旅 鉄道遺産と秘境をめぐる旅
10:00

1旧豊後森機関庫

昭和初期の円形転車台と機関庫。扇型で現存するのは九州唯一。蒸気機関車も配置しており、機関庫ミュージアムが併設されている。

10:40

2森の米蔵・森のクレヨン

森の米蔵は、豊後森駅の米蔵を改造し、機関庫映像などが見れる。森のクレヨンのカフェ・レストランでは、食事をしながら目の前を走る列車を楽しめる。

11:10

3旧久留島氏庭園

巨石を大胆に配した久留島氏の藩主御殿の庭園。国指定名勝。栖鳳楼庭園、清水御門庭園などとともに、3つの国名勝庭園を一所で楽しめる。

12:00

4森城下町

森藩の城下町で、耶馬渓観光の入り口として栄えた明治末~昭和初期の歴史的建造物が残る町並み。

12:30

5カネジュウ館

森城下町にある酒造業の建物を改装した「カネジュウ館」では、食事・デザートが楽しめる

13:30

6宇戸渓谷

細い谷底から見上げる石柱群の迫力に圧倒される。大谷渓谷へはせせらぎと樹木が幻想的な空間をつくっており、車で5分ほど。宇戸では、食事・温泉・宿泊ができる。

14:30

7大谷渓谷

中津市と玖珠町の間にまたがる一枚い岩の浅瀬が10km続く渓谷。子どもも安心して水遊びが楽しめる。オートキャンプやロッジ、温泉がある。新緑・紅葉の名所。

15:30

8一目八景

深耶馬渓の中心部で、一目で八方の奇怪な岩峰を楽しめることから名がついた。展望台があり、そば屋が並ぶ。新緑と紅葉の名所。

  • テーマで巡る!モデルコース
  • オススメのみどころ紹介
  • グルメ・お土産・宿泊 お役立ち情報
  • お問い合わせとアクセス