JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2020/10/14 event

「21世紀の朝鮮通信使 日韓トップ囲碁対局・鞆」が開催されます

朝鮮通信使とゆかりの深い瀬戸内海の港町・鞆の浦。朝鮮通信使の高官の常宿であった福禅寺対潮楼から望む眺めは「日東第一形勝(日本で一番美しい景色)」と称賛され,多くの漢詩が残されました。
また、福禅寺所蔵資料6点を含む「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコ「世界の記憶」に登録されています。

この歴史的な名舞台に日本と韓国のプロ棋士をお迎えし,日韓トップ囲碁対局が行われます。
多くの客人を魅了し続けてきた名勝を背景に,白熱の対局をぜひご覧ください。

「21世紀の朝鮮通信使 日韓トップ囲碁対局・鞆」
と き:2020年10月24日(土)・25日(日)
ところ:福山市鞆町内、他
内 容:24日(土)
    韓国棋士出迎え
    日韓プロ棋士による囲碁対局 序盤見学 (定員10人,要申込,受付中です)
    日韓プロ棋士による囲碁対局 大盤解説会 (定員50人,申込不要,先着順)
    25日(日)
    日韓プロ棋士との五十面打ち(申込受付終了)
駐車場:24日(土)鞆の浦学園グランド(無料)
    25日(日)ふくやま文学館横の備後護国神社下拝殿前広場(無料)

詳しくは下記ホームページをご覧ください。

URL:http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/koho-detail02/koho-202009/198590.html

遺産ページ:瀬戸の夕凪が包む国内随一の近世港町