JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2020/11/12 other

【日本遺産】お土産品開発ワークショップを実施中!

日本遺産に認定された「明治期の那須野が原開拓ストーリー」の魅力をお土産品をとおして様々な方に知っていただくために、「お土産品開発ワークショップ」を実施しています。
・第1回 8月28日  
今回は、初めての顔合わせです。自己紹介に続き、日本遺産と認定ストーリーの講義を受けました。
その後、お土産品についてフレームワークを行いました。ターゲットの層は?、価格帯は?個別にアイディアを書き出していきました。

・第2回 9月30日
今回は3班に別れてグループワークを行いました。
前回の個人でのアイディアを班の中でグループ化し、1班1つのお土産品の方向性を導き出しました。
1つの班で2つの方向性が出てきたところもあり合計4つの方向性が出てきました。

・第3回 10月8日 
 今回は、市内にある黒磯南高等学校3年(地域研究クラス)の生徒さんにご協力をいただき開催しました。
4つのグループに分かれ、それぞれの方向性にあった具体的なお土産品を話し合いました。高校生ならではアイデアがたくさん出てきました。

・第4回 10月20日
宇都宮大学の地域デザイン科学部の学生さんにご協力いただきました。
オンラインでのワークショップとのことでなかなか慣れない環境ではありましたが
zoomのホワイトボードという機能を使って各々が書き込みながらアイディアを出し合いました。大学生らしい現実味あるアイディアをたくさんいただきました。

遺産ページ:明治貴族が描いた未来