JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2022/07/11 event

酒井家庄内入部400年記念シンポジウム

令和4年は庄内藩主酒井家が庄内に入部して400年となる節目の年にあたります。
明治以降、多くの旧藩主家が領知を離れる中、酒井家は庄内・鶴岡にとどまり、地域の発展に貢献。日本遺産に認定された鶴岡の近代化の礎となった絹産業発展のストーリーにも深く関わっています。
今回のシンポジウムでは、基調講演とパネルディスカッションを通じて酒井家庄内入部400年を紐解きます。

日時
 令和4年7月11日 18時45分~21時10分(開場18時)
場所
 日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7)
内容
 基調講演
  伊東潤氏(歴史小説家)
 パネルディスカッション
  コーディネーター
   本郷和人氏(歴史学者、東京大学資料編纂所教授)
  パネリスト
   伊東潤氏
   德川家広氏(德川宗家後嗣)
   酒井忠久氏(旧庄内藩主酒井家18代当主)
   谷口雅一氏(NHK歴史番組プロデューサー)
定員
 500人(入場無料)
主催
 酒井家庄内入部400年記念事業実行委員会 
申込み
 HP(https://cradle-plus.com/form-sakai400/)又は
 FAX(0235-64-0918。別添チラシ裏面参照)
問合せ
 業務受託者・株式会社出羽庄内地域デザイン
 TEL0800-800-0806
 https://www.cradle-ds.jp

遺産ページ:サムライゆかりのシルク

酒井家庄内入部400年記念シンポジウムチラシ [PDF 1.8M]