JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2018/07/24 event

北海道最古の祭り(北海道江差町)

北海道最古の祭りとされる「姥神大神宮渡御祭」(うばがみだいじんぐうとぎょさい)が、8月9~11日に北海道江差町(えさしちょう)で開催されます。
この祭りは、その年のニシン漁を終え、蝦夷地きっての景気にわきかえる夏の江差で、豊漁に感謝を込めてにぎにぎしく行われるものでした。
江差では御輿に供奉する曳き山を「ヤマ」と呼び、屋台に高く青木(トドマツ)を立てて神の依代とすることを「ヤマを立てる」といい表します。宝暦年間(1751~1764年)に作られた神功山をはじめとする、武者人形、能楽人形、文楽人形、歌舞伎人形などを配した豪華な13台のヤマが、吹き流しや錦の御旗をひるがえし、流暢な祇園囃子の調べにのって町内を練り歩きます。はるか遠い江差のニシン景気を現代に伝える夏の大祭です。

URL:http://www.hokkaido-esashi.jp/modules/sightseeing/content0028.html

URL:https://www.youtube.com/watch?v=DYj0rJh-KPA&feature=youtu.be

URL:https://www.youtube.com/watch?v=-2L4D-wxWdM

URL:https://www.youtube.com/watch?v=uoG_jMhbwyY

遺産ページ:江差の五月は江戸にもない