JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2018/11/02 event

明治維新150年記念日本遺産講演会「日新塾を考える」を開催します

平成30年に明治元年改元から150年の節目を迎えるに当たり、「近世日本の教育遺産群─学ぶ心・礼節の本源─」として、日本遺産の構成文化財に認定された日新塾で行われていた教育と日新塾で学んでいた学生の生活について、その重要性を再認識することを目的とし、明治維新150年記念日本遺産講演会「日新を考える」を下記の通り開催いたします。
 ●日時:平成30年12月1日(土) 13時~17時(※事前申込制)

 ●会場:水戸市総合教育研究所 3階 視聴覚ホール(〒310-0852 水戸市笠原町978-5)

 ●講演内容
  橋本 昭彦 氏(国立教育政策研究所)  基調講演「近世日本における「塾」という空間」
  鈴木 暎一 氏(茨城大学名誉教授) 基調講演「加倉井砂山と日新塾の教育」
  関口 慶久 氏(水戸市埋蔵文化財センター所長)  報告「日新塾を掘る」

 ※駐車場は数に限りがあるので、公共交通機関をご利用ください。

 ●参加費:無料

 ●定員:200名

 ●申込方法: 往復ハガキもしくはメールで申込み(申込先メールアドレス:rekishi-event@city.mito.lg.jp)
      「明治維新150年記念日本遺産講演会」と明記のうえ、1. 名前(複数の場合は全員分の氏名)2.住所、3.電話番号を記載してください。 
      定員を超える場合は抽選にて決定し、当選者には通知を郵送します。

 ●申込期間:平成30年11月1日(木)~11月20日(火)

 ●問い合わせ: 水戸市教育委員会事務局歴史文化財課世界遺産推進室
     〒310-0852 水戸市笠原町978-5
         電話:029-306-8132/FAX:029-306-8693/メール:isan@city.mito.lg.jp

URL:https://cms.city.mito.lg.jp/temp/ms300500s/3/p019711.html

遺産ページ:近世日本の教育遺産群