JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2019/02/01 event

VRで憧れの無明橋へ! 2月から先行体験はじまります!

日本遺産『鬼が仏になった里「くにさき」』の関連事業で、VR(ヴァーチャル・リアリティ)の技術を使った映像で、天念寺耶馬・無明橋を渡る体験ができるソフトを開発しています。六郷満山の峯入りをされる僧侶の方にご協力いただき、映像の中では自らが僧侶となって無明橋を渡ることができます。山頂の無明橋に登らずに、峯入りの伝統文化を安全に、老若男女問わずリアルに体験できます。
 写真は12月に行われた現地撮影の様子、1月29日に行われた地元向け体験会の様子です。
 VR体験をした地元・戴星学園の児童生徒からは「無明橋がどんな所か分かった!」「楽しい体験だと思っていたけど、下をのぞき込むと怖かった」と感想がありました。
 地元住民向けの説明会でも、「長年下から眺めてきたが、上の景色は初めて見た。本当に綺麗」「もう何十年も登っていないが思い出した。怖い怖い。」とVR体験を楽しんでいただけたようです。

【VR無明橋プレ公開について】
 VR無明橋は鬼会の里歴史資料館で、2月9日(土)からプレ公開します。
   ※2月中は土・日・祝日の鬼会の里歴史資料館の開館時間に公開します。
   ※鬼会の里歴史資料館の入館料は大人200円です。

 VR無明橋はもう1段階進化して本公開となります。
 実寸大の無明橋のレプリカを鬼会の里歴史資料館に設置します。
 完成は3月上旬になりますので、続報をおまちください。

URL:http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_04574.html

遺産ページ:鬼が仏になった里『くにさき』