JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > 「いざ,鎌倉」

STORY #025

「いざ,鎌倉」
~歴史と文化が描くモザイク画のまちへ~

0

0

11

1

長谷寺

季節の花や仏像など、見どころの多い寺ですが、必見は見晴台からの眺め。本尊の十一面観音菩薩は、奈良の長谷寺の像と同じクスノキから彫られたといわれ、9m以上ある像高は日本最大級。アジサイや紅葉の時期も大人気です。

神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2

TEL : 0467-22-6300

URL : http://www.hasedera.jp/

鶴岡八幡宮

源頼義は、平忠常を打ち取ることができたことを喜び、鎌倉の由比ヶ浜辺りに京都の石清水八幡宮を勧請、その約100年後、頼義の5代後にあたる源頼朝が、現在の場所に遷し、改めて八幡宮を祀りました。頼朝が八幡宮を信仰したので、諸国の武士もそれに倣い、多くの八幡宮が祀られるようになりました。

神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

TEL : 0467-22-0315

URL : https://www.hachimangu.or.jp

永福寺跡

奥州合戦で源頼朝は藤原泰衡に圧勝。そのときに頼朝が見た平泉・中尊寺の二階大堂大長寿院を模して創建したのが永福寺です。二階堂という地名もそのお堂から。発掘調査をもとに復元整備が行われ、当時の伽藍配置や苑池などを見ることができます。

神奈川県鎌倉市二階堂178

TEL : 0467-61-3857

URL : https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/08youfukujiato.html

光明寺

鎌倉の大きな寺院のひとつに挙げられる光明寺。北条経時が開基となり、関東の浄土宗念仏道場の中心となりました。山門は鎌倉にある寺院の門として最大です。境内も広々としていて、大殿(本堂)も鎌倉一大きい木造の古建築(国の重要文化財)。裏山に登ると、木々の間から材木座海岸や稲村ヶ崎方向、遥かには富士山を眺められます。

神奈川県鎌倉市材木座6-17-19

TEL : 0467-22-0603

URL : http://komyoji-kamakura.or.jp

鎌倉大仏

鎌倉大仏は国宝。つくられた当時の姿をほぼ保っているものの、1252(建長4)年に鋳造が開始されたこと以外は謎につつまれています。初めは木造だった大仏を青銅仏にしたといい、胎内に入ると高度な鋳造技術がうかがえます。もともとは大仏を覆う大仏殿がありましたが、鎌倉幕府が滅びたあとに台風や大津波により倒壊したといわれています。

神奈川県鎌倉市長谷4丁目2−28

TEL : 0467-22-0703

URL : http://www.kotoku-in.jp

建長寺

鎌倉五山第一位、臨済宗建長寺派の本山。宋から来日した蘭渓道隆が禅を広めた寺で、幕府と強く結び付きました。本尊は地蔵菩薩坐像です。堂々とした三門、仏殿、法堂が一直線に並び、道隆が種をまいたというビャクシンの巨木がそびえます。野菜や豆腐入りのけんちん汁はここが発祥といわれています。毎週金・土曜に坐禅会があります。

神奈川県鎌倉市山ノ内8

TEL : 0467-22-0981

URL : http://www.kenchoji.com

円覚寺

二度の元寇(元との戦い)で亡くなった両軍の兵士を弔うため、第8代執権北条時宗が宋から無学祖元を招いて建てた禅宗寺院。臨済宗円覚寺派の本山で、鎌倉五山の第二位。本尊は宝冠釈迦如来坐像。妙香池、白鷺池などの池があり、国の名勝に指定されています。国宝の舎利殿は、室町時代の名建築・大平寺(廃寺)の仏殿を移築したもの。

神奈川県鎌倉市山ノ内409

TEL : 0467-22-0478

URL : http://www.engakuji.or.jp

古我邸

鎌倉文学館、旧華頂宮邸と並ぶ鎌倉三大洋館のひとつ。三菱合資会社の専務理事だった荘清次郎の別荘として約15年を費やして建てられ、関東大震災直後の対策会議はここで開かれました。1937(昭和12)年には日本土地建物の経営者・古我貞周が取得。元首相の濱口雄幸や近衛文麿も別荘として利用し、現在はレストランとして活用されています。

神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-7-23

TEL : 0467-22-2011

URL : http://kamakura-koga.com

旧華頂宮邸

緑深い衣張山東側にある、華頂博信侯爵邸として建てられた洋風住宅です。その後たびたび持ち主が変わり、1996(平成8)年に鎌倉市が取得しました。ヨーロッパの民家などに見られるハーフティンバー様式の建物で、柱・梁などが外部に現れる趣あふれる外観が特徴。樹木や池を幾何学的に配置した美しいフランス式庭園を併設しています。

神奈川県鎌倉市浄明寺2丁目6−37

TEL : 0467-61-3477

URL : https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/keikan/k-index1.html

鎌倉文学館(旧前田家鎌倉別邸)

相模湾を一望する高台にある建物は、旧加賀藩前田家第16代当主・前田利為の別邸として建てられたもの。第二次世界大戦後には、デンマーク公使や佐藤栄作元首相が別荘として使用したほか、作家・三島由紀夫の小説『豊饒の海』の第1巻『春の雪』に登場する別荘のモデルにもなりました。その後は鎌倉市が譲り受け、1985(昭和60)年に鎌倉文学館として開館。
国登録有形文化財である格調高い建物は、西洋の木造建築ハーフティンバー様式とスパニッシュ様式を基調とし、館内には華麗なアールデコの装飾が残っています。本館前には広大な庭園と美しいバラ園があり、季節には「鎌倉」「流鏑馬」など鎌倉ゆかりの名がついた珍しいバラも見どころです。

神奈川県鎌倉市長谷1丁目5−3

TEL : 0467-23-3911

URL : http://www.kamakurabungaku.com

鎌倉歴史文化交流館

子どもから大人までが、鎌倉の歴史的遺産・文化的遺産を学び、体験し、交流できる場として、平成29年にオープン。著名な建築家ノーマン・フォスター氏が代表を務めるフォスター+パートナーズの設計による既存建築を活用しながら、鎌倉の歴史・文化を通史的に紹介し、あわせて鎌倉で発掘された出土品などを公開しています。

神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-5-1

TEL : 0467-73-8501

URL : https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/rekibun/koryukan.html