JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > かさましこ

STORY #087

かさましこ
~兄弟産地が紡ぐ“焼き物語”~

4

2

9

3

【益子町】公益財団法人 濱田庄司記念益子参考館

民藝運動の創始者の一人、陶芸家濱田庄司(1894~1978)の自邸の一部を公開しています。濱田庄司自身の作品だけでなく、交流の深かった陶芸家の作品や、様々なジャンルの濱田庄司の蒐集品が展示されています。茅葺きの離れ、登り窯、轆轤を回した細工場など、山裾の緑豊かな木々に包み込まれるように静かに佇んでいます。

〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子3388

TEL : 0285-72-5300

URL : https://mashiko-sankokan.net/

【登り窯の数々】

笠間と益子には器を焼く登り窯が数多く残されています。関東以北では最大の登り窯(岩下製陶太平窯)や濱田庄司が築いた登り窯などを間近に見学することができます。大規模な登り窯が集まっている場所はとても貴重です。現在は使われていない窯もありますが、登り窯の構造や窯焼きで使われる道具の数々を間近に見ることができます。
 【公開されている主な登り窯】
・陶芸メッセ
*濱田庄司が使用していた登り窯の移築復元
・濱田庄司記念益子参考館
・岩下製陶
*町指定文化財の2基の登り窯
・大誠(だいせい)窯
*現在も使われている登り窯の中で益子最大規模。現役の窯なので安全上、柵の外からの見学をお願いします。

【笠間市】笠間日動美術館

笠間日動美術館は、1972年(昭和47年)に日動画廊創業者・長谷川仁によって郷里である笠間市に開館しました。敷地内には、「鴨居の部屋」を併設し、ピカソや藤田嗣治をはじめ国内外の著名画家の展覧会を開催する企画展示館、おもにフランス美術を常設するフランス館、「金山平三・佐竹徳記念室」を併設し、画家が愛用したパレットを常時200点以上展示するパレット館、日本の著名彫刻家によるブロンズ像が佇む野外彫刻庭園があります。

茨城県笠間市笠間978-4

TEL : 0296-72-2160

URL : http://www.nichido-museum.or.jp/

【笠間市】笠間稲荷神社

笠間稲荷神社は日本三大稲荷の一つと言われており、御祭神の「宇迦之御魂神」はあらゆる殖産興業の守護神として、また火防の神様でもあります。名匠による彫刻が施された本殿は国の重要文化財に指定されています。
また敷地内にある笠間稲荷美術館は、奈良の正倉院を模した高床式平屋建の建物で、昭和56年(1981)に開館されました。笠間焼が影響を受けた信楽をはじめ常滑・瀬戸・越前・丹波・備前の中世六古窯の古陶器を常設展示し、常陸が生んだ水墨画家雪村の作品、現代の代表的花鳥画家上村淳之の作品、香道具等を中心に収集されています。

茨城県笠間市笠間1

TEL : 0296-73-0001

URL : http://www.kasama.or.jp/

【笠間市】笠間工芸の丘

歴史と文化のまち笠間に生まれた新しい”顔”、笠間工芸の丘は、笠間焼を制作できる体験教室をはじめ、陶芸品の常設展示、ゆったりとくつろげるカフェラウンジ、お土産コーナーなどがあり、週末のデートにも最適です。1階のギャラリーでは、作家達による企画展が四季折々に催され、室内の広々とした空間に彩を添えています。

茨城県笠間市笠間2388-1

TEL : 0296-70-1313

URL : http://www.kasama-crafthills.co.jp/

【笠間市】茨城県陶芸美術館

茨城県陶芸美術館は、「伝統工芸と新しい造形美術」をテーマとした笠間芸術の森公園内に、誰もが気軽に立ち寄れる親しみのある県立美術館として、平成12年4月に開館しました。常設展示室では、「近代陶芸の祖」板谷波山や笠間市出身の人間国宝・松井康成など、日本陶芸界の最高峰作品を一堂に集め、現代陶芸の魅力を丁寧に紹介しています。

茨城県笠間市笠間2345

TEL : 0296-70-0011

URL : http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/

【笠間市】笠間の陶炎祭(ひまつり)

笠間の陶炎祭(ひまつり)は毎年4月29日~5月5日に笠間芸術の森公園イベント広場で開催される茨城県下最大のイベントです。200軒以上の陶芸家・窯元・地元販売店などが、広大で緑豊かな笠間芸術の森公園イベント広場に集い、個性豊かな店作りと作品でお客様を迎えるという、他に類を見ない陶器の祭典です。

笠間焼協同組合

TEL : 0296-73-0058

URL : https://www.himatsuri.net/

【益子町】道の駅ましこ~田園風景が広がる道の駅~

益子町の新たなランドマーク。土と山をモチーフに、益子の山々を表す幾重もの屋根と益子の土をふんだんに使った土壁が特徴的です。周辺は稲作を中心とした栽培が行われ、農村文化を感じられる田園風景が広がっています。
直売所「ましこのマルシェ」では新鮮な野菜や果物,地元の農産物を使用した加工品のほか、手仕事のまち益子ならではの工芸品なども販売しています。
レストラン「ましこのごはん」では地元の農産物をふんだんに使ったお食事が楽しめます。

【営業時間】 午前9時から午後6時まで
【定休日】  毎月第2火曜日、1月1日

栃木県芳賀郡益子町大字長堤2271

TEL : 0285-72-5530

URL : http://m-mashiko.com/

【益子町】益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子~陶芸の郷益子に立つ美術館~

益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子は1993(平成5)年6月に開館しました。以来、濱田庄司や島岡達三といった益子を代表する陶芸家や、濱田庄司にゆかりのある陶芸家の作品を収集し、展示しています。また、濱田庄司と交流のあったイギリス人陶芸家バーナード・リーチをはじめ、リーチ工房初期の陶芸家の作品や欧米の現代陶芸作品も収集し、紹介しています。近年は国内外の現代陶芸を中心に、年3~4回企画展を開催しています。

栃木県芳賀郡益子町大字益子3021

TEL : 0285-72-7555

URL : http://www.mashiko-museum.jp/information/index.html