JAPANESE | ENGLISH
HOME > NEWS > article

NEWS

2019/05/09 media

『見仏記 道草編』で国東半島の仏様が紹介されています!

4月27日発売の『見仏記 道草編』では、国東半島の仏様が紹介されています。
 見仏記と言えば、芸能界きっての仏像ファンの いとうせいこうさん・みうらじゅんさんによる観仏紀行で、仏像の見方に新しいエッセンスを加えてくれる面白い本です。

 道草編の表紙を見てみると、中央下には天念寺・木造阿弥陀如来立像、他にも太郎天や仁王様などの「くにさき」の仏像と、鬼(修正鬼会の鬼と鬼会面)が描かれています。おふたりと地域住民・文化とのふれあいにも注目の一冊ですので、ぜひ書店等でお求めください。

《書籍情報》
・書籍名 見仏記 道草編
・出版社 KADOKAWA
・発売日 2019年 4月27日

遺産ページ:鬼が仏になった里『くにさき』