未来を拓いた「一本の水路」-大久保利通“最期の夢”と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代-STORY #022

シェアして応援!SHARE

猪苗代湖 未来を拓いた「一本の水路」 未来を拓いた「一本の水路」
十六橋水門 未来を拓いた「一本の水路」 未来を拓いた「一本の水路」
未来を拓いた「一本の水路」 未来を拓いた「一本の水路」
未来を拓いた「一本の水路」 未来を拓いた「一本の水路」
未来を拓いた「一本の水路」 未来を拓いた「一本の水路」
未来を拓いた「一本の水路」 未来を拓いた「一本の水路」

みどころspot

  • 郡山市開成館

    郡山市開成館

    福島県開拓掛が設置された施設「開成館」や開拓の入植者の住宅があります。
    特に開成館には、日本遺産に深い関わりがある、安積開拓や安積疏水の歴史についての資料が展示されています。

    福島県郡山市開成3-3-7
    024-923-2157
    https://www.bunka-manabi.or.jp/kaiseikan/

    続きを読む

  • 天鏡閣

    天鏡閣

    有栖川宮威仁親王殿下が猪苗代湖の風光の美しさを賞されて、明治41年8月に建築した洋館です。大正天皇により、「天鏡閣」と命名され、高松宮が継承し、さらに福島県に下賜されました。国重要文化財に指定されたのを契機に修復され、一般にも公開しています。

    福島県耶麻郡猪苗代町大字翁沢字御殿山1048-14
    0242-65-2811
    https://www.bandaisan.or.jp/sight/shin-hakkei03/

    続きを読む

  • 天鏡台

    天鏡台

    磐梯山中腹に広がる、昭和天皇ゆかりの地です。林間広場やロックガーデン、眺望台、休憩所などが設けられています。

    福島県耶麻郡猪苗代町天鏡台(JR猪苗代駅より8.1㎞(車で20分)
    https://www.bandaisan.or.jp/sight/shin-hakkei04/

    続きを読む

  • 十六橋水門~安積(あさか)疏水の原点の地~

    十六橋水門~安積(あさか)疏水の原点の地~

    安積(あさか)原野へ水を流すために、猪苗代湖の水位を調整する水門です。安積疏水工事で一番初めに工事が始まりました。当時は16の石造のアーチでできており、日本では長大な水門でした。安積開拓・安積疏水開さく事業のシンボル的構造物で、大正期には日本の工業化を進めるべく東京への送電を目的として建設された猪苗代湖第一発電所に併せて、大規模な改修が行われました。
    現在の十六橋水門は、コンクリート造では、現役で日本最古の水門と言われています。
    明治政府は明治11年、オランダから土木技師ファン・ドールンを招いて安積疏水事業に取り組みました。十六橋水門近くに建立されているファン・ドールン像は、第二次世界大戦中、軍からの銅像提供から守るために、地中に2年間埋められたままで守り通したと言われている銅像です。
    平成20年度に経済産業省の「近代化産業遺産郡 続33」に認定されました。
    この十六橋の始まりには、弘法大師が16の塚を築いて通行できるようにして、村人の不便を救ったとの逸話もあります。

    福島県耶麻郡猪苗代町翁沢大字船場会津若松市湊町赤井戸ノ口
    0242-96-5280
    https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/movie-now/ch-16kyousuimon.html

    続きを読む

  • デコ屋敷~数百年の伝統を今に引き継ぐ工人の里~

    デコ屋敷~数百年の伝統を今に引き継ぐ工人の里~

    デコ屋敷と呼ばれ4軒の家々が数百年の伝統を守り、張子(はりこ)人形や張子面、三春駒、三春だるまなどを作り続け今日に伝えています。
    伊達政宗の正室・愛姫(めごひめ)の聖地である三春藩の伝統を今に受け継ぎ、さらに新たな張子の可能性にチャレンジしている。
    伝統と挑戦。味わいある日本の伝統工芸は、懐かしい風合いの中に、凛とした力強さが同居しています。
    デコ職人自らが職場を案内してくれるガイドツアーも好評です。
    各家が所有する人形木型は、県重要文化財に指定されています。

    福島県郡山市西田町高柴字舘野169
    024-971-3907
    https://www.gurutto-koriyama.com/detail/203/index.html

    続きを読む

ページの先頭に戻る