JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > 未来を拓いた「一本の水路」

STORY #022

未来を拓いた「一本の水路」
-大久保利通“最期の夢”と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代-

0

0

0

0

STORY

明治維新後、武士の救済と、
新産業による近代化を進めるため、
安積地方の開拓に
並々ならぬ想いを抱いていた大久保利通。
夢半ばで倒れた彼の想いは、
郡山から西の天空にある猪苗代湖より水を引く
「安積開拓・安積疏水開さく事業」で実現した。
奥羽山脈を突き抜ける
「一本の水路」は、外国の最新技術の導入、
そして、この地域と全国から
人、モノ、技を結集し、苦難を乗り越え完成した。
この事業は、猪苗代湖の水を治め、
米や鯉など食文化を一層豊かにし、
さらには水力発電による紡績等の
新たな産業の発展をもたらした。
未来を拓いた「一本の水路」は、
多様性と調和し共生する風土と、
開拓者の未来を想う心、
その想いが込められた桜とともに、
今なおこの地に受け継がれている。

構成文化財一覧 詳細 [PDF 6.6M]

構成文化財一覧

ACCESS

郡山
  • 鉄道
    • 東北新幹線で最短77分
猪苗代
  • 鉄道
    • 郡山市から磐越西線で約40分

CONTACT

  • 日本遺産プロモーション協議会
    (郡山市文化スポーツ部国際政策課内)
  • TEL:024-924-3711