JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > 江差の五月は江戸にもない

STORY #038

江差の五月は江戸にもない
-ニシンの繁栄が息づく町-

11

0

15

0

STORY

江差の海岸線に沿った段丘の下側を通っている町並みの表通りに、
切妻屋根の建物が建ち並び、暖簾・看板・壁にはその家ごとの屋号が掲げられている。
緩やかに海側へ下っている地形にあわせて蔵が階段状に連なり、
海と共に生きてきた地域であることがうかがえる。
この町並みは、江戸時代から明治時代にかけてのニシン漁とその加工品の交易によって形成されたもので、
その様は「江差の五月は江戸にもない」と謳われるほどであった。
ニシンによる繁栄は、江戸時代から伝承されている文化とともに、
今でもこの地域に色濃く連綿と息づいている。

詳細 [PDF 2.3M]

構成文化財一覧

LOCATION

北海道(江差町)

ACCESS

  • 鉄道
    • JR東京駅(東北・北海道新幹線 約4時間)~JR新函館北斗駅(バス 約1時間15分)〜江差
    • JR仙台駅(東北・北海道新幹線 約2時間)~JR新函館北斗駅~新函館北斗(バス 約1時間15分)〜江差
    • 函館市~江差町(約70km)
    • 札幌市~江差町(約300km)
  • 飛行機
    • 新千歳空港(約40分)~函館空港〜函館空港(バス 約20分)〜函館駅(バス 約2時間15分)〜江差
    • 丘珠空港(約45分)~函館空港〜函館空港(バス 約20分)〜函館駅(バス 約2時間15分)〜江差
    • 羽田空港(約1時間20分)~函館空港〜函館空港(バス 約20分)〜函館駅(バス 約2時間15分)〜江差

CONTACT

  • 北海道江差町 追分観光課
  • TEL:0139-52-6716