JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > 森林鉄道から日本一のゆずロードへ

STORY #051

森林鉄道から日本一のゆずロードへ
-ゆずが香り彩る南国土佐・中芸地域の景観と食文化-

0

0

0

0

STORY

南国土佐の東に位置する中芸地域。
かつて西日本最大の森林鉄道が駆け巡った中芸は、
林業に代わる産業としてゆず栽培に力を注ぎ、
今や日本一の生産量を誇っている。
木材を運んだ森林鉄道の軌道は、
ゆず畑の風景広がる「ゆずロード」に生まれ変わったのである。
川沿いや山間に広がるゆず畑を、
小さくかわいい白い花、深く鮮やかな緑の葉、
熟すとともに濃くなる黄色の果実が季節ごとに彩る景観。
ゆず寿司などの風味豊かな郷土料理。
中芸のゆずロ ードをめぐれば、ゆずの彩りに満ちた景観と、
ゆずの香り豊かな食文化を堪能することができる。

詳細を表示 構成文化財一覧 詳細 [PDF 4.8M]

構成文化財一覧

  • 文化財の名称

    指定等の状況

    文化財の所在地
  • ゆず畑の景観

    未指定

    中芸地域
  • ゆず料理

    未指定

    中芸地域
  • 柚子の古木

    北川村指定天然記念物

  • 柚子搾汁機

    未指定

    中芸地域
  • ゆずはじまる祭り

    未指定

  • 慎太郎とゆずの郷祭り

    未指定

  • 中岡慎太郎宅跡

    高知県指定史跡

  • 中岡慎太郎遺髪埋葬墓地

    北川村指定史跡

  • 千本山

    未指定

  • 藩政期の植林地

    未指定

  • 朝日出山の大杉

    馬路村指定天然記念物

  • 材木流し(絵馬)(多気坂本神社)

    奈半利町指定有形文化財 (美術工芸品)

  • 材木流し(絵馬)(三光院)

    奈半利町指定有形文化財 (美術工芸品)

  • 木材生産用具(馬路村郷土館)

    未指定

  • 金林寺薬師堂

    国指定重要文化財(建造物)

  • 木造薬師如来坐像(北寺所蔵仏像群)

    国指定重要文化財(彫刻)

  • 木造釈迦如来立像(北寺所蔵仏像群)

    国指定重要文化財(彫刻)

  • 木造菩薩形立像5躯(北寺所蔵仏像群)

    国指定重要文化財(彫刻)

  • 木造持国天立像(北寺所蔵仏像群)

    国指定重要文化財(彫刻)

  • 木造増長天立像(北寺所蔵仏像群)

    国指定重要文化財(彫刻)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 エヤ隧道

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 バンダ島隧道

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 オオムカエ隧道

    国指定重要文化財(建造物)

  • 国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 釜ヶ谷桟道

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 釜ヶ谷橋

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 平瀬隧道

    国指定重要文化財(建造物)

    馬路村/div>
  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 五味隧道

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 落合橋

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 河口隧道

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 犬吠橋

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 井ノ谷橋

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 堀ヶ生橋

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 二股橋

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 小島橋

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 立岡二号桟道

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 八幡山跨線橋

    国指定重要文化財(建造物)

  • 旧魚梁瀬森林鉄道施設 法恩寺跨線橋

    国指定重要文化財(建造物)

  • 支線跡遺構群

    未指定

    中芸地域
  • 旧馬路営林署

    未指定

  • 野村式機関車(動態展示)

    未指定

  • 写真資料I 寺田文庫

    未指定

    中芸地域
  • 写真資料II 四国森林管理局保存の大正〜昭和初期の林業関係写真

    未指定

    中芸地域
  • 岡御殿

    高知県保護有形文化財(建造物)

  • 濱川家住宅 蔵・離れ

    国登録有形文化財(建造物)

  • 南商店 店舗兼主屋 外塀・内塀

    国登録有形文化財(建造物)

  • 旧柏原家住宅 主屋及び離れ 表門 東土塀及び西土塀

    国登録有形文化財(建造物)

  • 旧市川医院

    国登録有形文化財(建造物)

  • 竹﨑家住宅(高田屋) 主屋 離れ 蔵

    国登録有形文化財(建造物)

  • 森家住宅(旧野村茂久馬邸) 主屋 蔵 西石塀 南石塀 東石塀

    国登録有形文化財(建造物)

  • 濱田典彌家住宅 主屋 かま屋 米あずかり場 土蔵 石垣塀

    国登録有形文化財(建造物)

  • 星神社のお弓祭り

    高知県保護無形民俗文化財

LOCATION

高知県(奈半利町, 田野町, 安田町, 北川村, 馬路村)

ACCESS

  • 鉄道
    • JR東京駅(東海道新幹線)~JR岡山駅(特急南風)~JRごめん駅(ごめんなはり線)~JR安田駅
    • 高知自動車道南国IIC~(60分)
  • 飛行機
    • 羽田空港~高知龍馬空港(乗合タクシー)~JRのいち駅(ごめんなはり線)~JR安田駅
    • 大阪伊丹空港~高知龍馬空港(乗合タクシー)~JRのいち駅(ごめんなはり線)~JR安田駅
    • 福岡空港~高知龍馬空港(乗合タクシー)~JRのいち駅(ごめんなはり線)~JR安田駅
  • 高速バス
    • 東京駅(JR四国バス)~JR高知駅(土讃線)~JR安田駅
    • 名古屋駅(JR四国バス)~JR高知駅(土讃線)~JR安田駅

CONTACT

  • 安田町「魚梁瀬森林鉄道」日本遺産推進協議会
  • TEL:0887-39-2008

STORY

森林鉄道から日本一のゆずロードへ

close

高知市内から東に約50キロに位置する中芸地域。日本三大杉美林の一つに数えられる杉林が広がる急峻な四国山脈の山並み。そこから流れる安田川と奈半利川の二本の清流には、日本一の天然鮎が泳ぐ。河口には、雄大な土佐湾を背景に、土佐漆喰や水切瓦、いしぐろ(石塀)が用いられた屋敷や酒蔵が建ちならぶ町並みが広がる。この中芸の地を、爽やかな香りで包み、目に鮮やかに彩るのが「ゆず」である。

日本三大杉美林と魚梁瀬森林鉄道

中芸は、かつては林業で栄え、大木を伐る掛声が響く地であった。古くは弘法大師の時代から伐り出され、豊臣秀吉が洛陽東山佛光寺の大仏殿の建材に用いた銘木・魚梁瀬杉をはじめ、多くの木材を産出し、安田川・奈半利川に流して河口へ、そして海から日本全国へと送り出してきた。

明治末から敷設がはじまり、隧道や橋梁により中芸一帯を環状に繋いだ魚梁瀬森林鉄道、通称「りんてつ」は、木材の搬出だけでなく、トロッコで学校に通い、トロッコでお嫁入りなど人の暮らしを繋ぎ交流を生んだ。原生的杉林景観の残る千本山、材木業や回船業で名を馳せた豪商の屋敷が軒を連ねる町並みとともに中芸にちりばめられた18ヶ所におよぶ「りんてつ」の遺構群は、林業の隆盛とこの地の繁栄を象徴している。

林業からゆずへゆずが季節ごとに彩る
中芸の風景

中芸のゆず栽培のはじまりは、江戸時代に遡る。当時、北川村で庄屋見習いをしていた中岡慎太郎が、自生するゆずに注目し、防腐や調味のために使えるようにと栽培を農民に奨励したとされ、現在もゆずの古木が山裾に残る。この地の暮らしに根づいてきたゆず栽培だが、それが産業として花開くのは1960年代以降のことである。

1960年代、天然林が枯渇する中で、中芸の人びとは、林業に代わる新たな産業を探さなければならなかった。そこで力を注いだのが、ゆず栽培である。身近にあったゆずの魅力と価値に改めて注目し、それを産業化すべく、りんてつの軌道が敷かれた川沿いにある田畑をゆず畑に変え、木材を運び出していた山間では、山面の限られた土地に石垣を築き段々畑を開いた。昔ながらの有機栽培にこだわりながらも、日本初となる機械式柚子搾汁機の開発やゆず加工商品の開発にも積極的に挑戦していった。


左:りんてつ軸道跡に残る明神口橋/右:森林鉄道の当時の様子がわかる古い写真

こうして産業化が進められた中芸のゆずは、今では作付面積200ヘクタルを越え、日本一の生産量を誇る。近年では、ヨーロッパに輸出されるまでになり、ゆずの風味を世界に届けている。

ゆず畑では、初夏に小さくかわいらしい白い花を咲かせ、夏には深く鮮やかな緑の葉っぱと果実を輝かせる。秋を迎え、ゆずの果実が熟すとともに濃い黄色に色づくと、あたり一帯に爽やかな香りが立ち込める。そうして収穫の時期を迎えると、ゆず収穫の安全祈願と初絞りを楽しむゆず祭りを皮切りに、ゆず満載の軽トラックや収穫の喜びにあふれる人びとで、中芸全体が活気づく。季節ごとに彩りを変える日本一のゆず畑が広がる景観を、目と鼻の両方で楽しむことができる。


左上:初夏、小さく愛らしいゆずの花が咲く/右上:収穫前のゆず畑鮮やかな葉に果実を輝かせる/左下:収穫の秋 あたり一面に爽やかな香りが立ち込める/右下:ゆず祭りを皮切りに中芸は収穫でもっとも活気づく

ゆず香る中芸の食文化

古の時代から日本人が親しんできた風味であり、すまし汁の吸口に使われるなど「和食」に不可欠なゆずは、中芸の食文化にも欠かせない。

酸味が強く香り高いと評価される当地のゆずを皮ごと絞り、その持ち味を凝縮した「柚酢」は、酢の物に使ったり、刺身にかけて食べたりと普段の食事にはもちろん、ハレの料理にも欠かせない。ハレの日を祝い客人をもてなす宴席「おきゃく」では、この地を流れる清流を用いて醸された土佐酒やゆず酒とともに、地元の新鮮で多彩な山海の幸を大皿に盛った皿鉢料理が豪快に振る舞われる。

ゆず料理

皿鉢料理には、土佐湾沖で捕れたカツオなどの刺身、川で獲れるツガニの煮付けといった組物、そしてたっぷりの柚酢で仕立てる「ゆず寿司」が盛られる。リュウキュウ(ハスイモの茎)やタケノコなどの山菜を用いたゆず寿司、天然鮎や鯖などを一匹まるごと使ったゆず寿司を頬張れば、口いっぱいにゆずの爽やかな風味が広がる。

ゆずをふんだんに使って地元の幸を風味豊かに仕上げる郷土料理は、中芸の食文化として、今も人びとの暮らしのなかで受け継がれている。

「りんてつ」から日本一の「ゆずロード」へ

時代の変化をたくましく生きる人びとの手によって、中芸の風景は「林業」から「ゆず」へと変わり、木材を運んだ「りんてつ」の軌道は、ゆずを運ぶ「ゆずロード」に生まれ変わったのである。

中芸一帯を走るゆずロードをぐるりとめぐれば、ゆずの香りと彩りに満ちた景観と、ゆずの風味豊かな食文化を満喫することができる。

閉じる