JAPANESE | ENGLISH
HOME > MAP & LIST > 「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま

STORY #064

「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま
〜古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語〜

1

1

30

1

STORY

いにしえに吉備と呼ばれた岡山。
この地には鬼ノ城と呼ばれる古代山城や
巨大墓に立ち並ぶ巨石などの遺跡が現存する。
これら遺跡の特徴から
吉備津彦命が温羅と呼ばれた鬼を退治する伝説の舞台となった。
絶壁にそびえる古代山城は、
その名の通り温羅の居城とされ、巨石は命の楯となった。
勝利した命は巨大神殿に祀られ、
敗れた温羅の首はその側に埋められた。
鬼退治伝説は、古代吉備の繁栄と屈服の歴史を背景とし、
桃太郎伝説の原型になったとされ、
吉備の多様な遺産は今も訪れる人々を神秘的な物語へと誘ってくれる。

詳細を表示 構成文化財一覧 詳細 [PDF 3.1M]

構成文化財一覧

  • 文化財の名称

    指定等の状況

    文化財の所在地
  • 鬼城山(鬼ノ城)

    国史跡

  • 鬼の釜

    市重文 (工芸品)

  • 楯築遺跡

    国史跡

  • 楯築神社の旋帯文石

    国重文 (考古資料)

  • 矢置岩と矢立の神事

    未指定

  • 矢喰宮

    未指定

  • 鯉喰神社 (鯉喰神社遺跡)

    未指定

  • 血吸川

    未指定

  • 吉備津宮勧進帳

    未指定

  • 備中国大吉備津宮略記

    未指定

  • 吉備の中山

    未指定

  • 吉備津神社

    国宝(本殿・拝殿) 、国重文(北随神門・南随神門ほか) 、県重文(回廊ほか)

  • 吉備津神社御釜殿

    国重文

  • 鳴釜神事

    未指定

  • 吉備津神社境内古図

    未指定

  • 吉備津神社の鬼面

    未指定

  • 吉備津彦神社

    県重文(本殿ほか)ほか

  • 特殊器台

    国重文 (考古資料)

  • 造山古墳 第一、二、三、四、五、六古墳

    国史跡

  • 作山古墳第一古墳

    国史跡

  • 両宮山古墳

    国史跡

  • こうもり塚古墳

    国史跡

  • 牟佐大塚古墳

    国史跡

  • 箭田大塚古墳

    国史跡

  • 上東遺跡出土の桃の種

    未指定

  • 岡山の桃

    未指定

    岡山市、倉敷市、総社市、赤磐市
  • きびだんご

    未指定

    岡山市、倉敷市、総社市

LOCATION

岡山県(岡山市, 倉敷市, 総社市, 赤磐市)

ACCESS

岡山市
  • 鉄道
    • JR新大阪駅(山陽新幹線)~JR岡山駅(約1時間)
    • JR博多駅(山陽新幹線)~JR岡山駅(約2時間)
    • 各所~岡山IC~市内
  • 飛行機
    • 各所(東京、札幌、沖縄)~岡山桃太郎空港~(バス 約30分)~JR岡山駅西口
  • 高速バス
    • 各所~JR岡山駅西口
倉敷市
  • 鉄道
    • JR新大阪駅(山陽新幹線)~JR岡山駅(山陽本線、伯備線)~JR倉敷駅(約1時間20分)
    • JR博多駅(山陽新幹線)~JR新倉敷駅(山陽本線)~JR倉敷駅(約2時間10分)
    • 各所~倉敷IC・玉島IC(山陽自動車道)、児島IC・水島IC・早島IC(瀬戸中央自動車道)~市内
  • 飛行機
    • 各所(東京、札幌、沖縄)~岡山桃太郎空港~(バス 約35分)~JR倉敷駅北口
  • 高速バス
    • 各所~JR倉敷駅北口
総社市
  • 鉄道
    • JR新大阪駅(山陽新幹線)~JR岡山駅(桃太郎線、伯備線)~JR総社駅(約1時間30分)
    • JR博多駅(山陽新幹線)~JR岡山駅(桃太郎線、伯備線)~JR総社駅(約2時間30分)
    • 各所~岡山総社IC~市内
赤磐市
  • 鉄道
    • JR新大阪駅(山陽新幹線)~JR岡山駅(約1時間)〜(バス 約25分)~両宮山古墳
    • JR博多駅(山陽新幹線)~JR岡山駅(約2時間)~(バス 約25分)~両宮山古墳
    • 各所~山陽IC~市内(両宮山古墳まで約10分)

CONTACT

STORY

「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま

close

温羅(鬼)退治の伝説

いにしえに「吉備」と呼ばれた岡山の南部にある山には、そそり立つ絶壁の上に石垣が残る城がある。この城は古代山城の一つであり、下部を石垣としその上に版築土塁で高さ約6mの城壁が総延長約2.8kmにおよび変形七角形に築かれた。この一帯は急峻な山容、岩が露出しそびえ立つ山肌、地形に即応した城壁が一体となって、人を寄せつけず周囲ににらみを利かせているような情景が広がる。この山は「鬼城山(鬼ノ城)」と呼ばれ、伝説の中ではその名の通り温羅と呼ばれる鬼の居城とされた。

鬼城山から南の平野に降りると、弥生時代に造営された首長の墳丘墓が在り、その大きさは同時期では最大級である。また、その頂には木棺を取り囲むように5つの巨石が立てられれている。その風景は、まるで古代遺跡のストーンサークルを思わせる不思議な巨石列であり、あたかも戦いのときに使った巨大な楯を連想させるものである。この墳丘墓が在る丘は「楯築遺跡」と呼ばれ、伝説の中では温羅が放った矢を防ぐためのものとされた。

「鬼」と「戦い」をイメージさせるこの地には、まさしく鬼退治「吉備津彦命による温羅退治」の伝説が残る。

その昔、岡山(吉備)平野が吉備の児島に囲まれた内海だったころ、人の身の丈をはるかに超える温羅と呼ばれる鬼は、平野を見下ろす山の上に城を築き、村人を襲い悪事を重ねていた。大和の王から温羅退治の命令を受けた吉備津彦命は、吉備の地に降り立ち、吉備の中山に陣を構え、その西の小高い丘の頂には温羅の矢を防ぐ巨石の楯を築いた。弓の名手であった命は、岩に矢を置き温羅に向かって矢を放つ。温羅も応戦し城から矢を放つが、互いに放った矢は何度も喰い合って落ちていった。しかし、命が力を込めて放った矢は、ついに温羅の左目を射抜く。温羅の目からは血が吹き出し、川のように流れたという。たまらず雉に化けて逃げる温羅を、鷹になった命が追う。温羅は雉から鯉に化けて血の流れる川に逃げたが、命は鷹から鵜となり、鯉を喰い上げ、見事に温羅を退治した。

これら伝説の舞台(上記赤色下線部分)は、それぞれ「鬼城山」、「吉備の中山」、「楯築遺跡」、「矢置岩」、「矢喰宮」、「血吸川」、「鯉喰神社」として、現在も語り継がれている。また、温羅が生け贄をゆでた鬼の釜、命が空を移動するために使った乗り物など、伝説ゆかりの道具もこの地に残っている。

温羅を退治した吉備津彦命は神として祀られた。吉備津神社と吉備津彦神社は、命が陣を構えその墓がある吉備の中山の麓にあり、吉備津神社には、鳥が翼を広げる姿に見える屋根の巨大本殿をはじめ、約400mもある長大な回廊や650年以上前の門などの建造物が現存し、本殿の北東部の艮御崎宮では温羅も祀られ、温羅の顔を思わせる鬼面も伝わっている。

過去に災いをもたらしていた温羅であったが、やがてこの地の吉凶を告げる使いとなった。命がはねた温羅の首は、夜になると不気味なうなり声を上げ、命は御釜殿の釜の下深くに埋めたが、それでもうなり声はおさまらなかった。ある日、命の夢に温羅が現れ、自分の妻がこの釜を使って米を炊くようにすれば、自身が命の使いとなり釜の音で世の吉凶を占うと告げ、命は温羅の言うとおりにしたという。

「ヴォーン、ヴォーン」とまるで鬼がうなっているように聞こえる釜の音。今も御釜殿では、この音で願いが叶うかを占う「鳴釜神事」が執り行われている。また、この吉備津神社では、毎年1月3日、吉備津彦命が温羅との戦いに矢を置いたとされる「矢置岩」の前で空に矢を放つ「矢立の神事」も行われ、初詣の参拝客の目を楽しませている。

左:鬼城山の絶壁上に築かれた石垣(総社市)/中:吉凶を占う鳴釜神事/右:巨石が立ち並ぶ楯築遺跡(倉敷市)

伝説の背景にある大和に対抗する吉備の勢力-巨大な墓-

古代吉備は、大和に匹敵する勢力を誇っていた。しばしば大和と対抗し屈服したことが『日本書紀』や『古事記』からうかがえ、吉備津彦命と温羅との戦いは、実は大和と吉備の対立を反映したものといわれる。

吉備勢力の強大さを物語るのは、かつての王たちの墓である。温羅伝説にも登場する約1800年前に築かれた楯築遺跡は、同時期の墓としては日本最大級であり、これに続く時期の鯉喰神社一帯の墓も巨大である。また、墓での祭りに使用された円筒形の土器は、この地方で使われ始めたもので、のちに古墳で行われた祭りの道具である埴輪の原型となった。さらに、5世紀代の造山古墳・作山古墳・両宮山古墳は、近畿の天皇陵古墳に匹敵する規模を誇り、小高い山と見間違うほどである。自由に登ることができるため、その巨大さを体感でき、あたかも祭壇のような段造りの様子や水濠で囲まれた形も見ることができる。

今も残る巨大な墓は、古くから文化が花開き、強大な勢力が存在していたこの地の繁栄を感じさせてくれる。

左:国内第4位の巨大古墳 造山古墳(岡山市)/右:水で取り囲まれた両宮山古墳(赤磐市)

桃太郎の原型

古くから語り継がれてきた吉備津彦命による温羅退治の伝説は後世に引き継がれ、昔話の桃太郎による鬼退治の原型となったとされる。この昔話は、川を流れてきた大きな桃から生まれた桃太郎が、村を荒らし悪さをする鬼と戦うために、道中で家来となった犬、猿、雉とともに鬼を退治する物語である。

桃太郎の名の由来となった桃は、古来より魔よけの道具として使われた。吉備の地は、晴天の多い温暖な気候に恵まれ、古くから桃が栽培されてきた。桃太郎が犬、猿、雉を従えるために与えた「きびだんご」の原料の黍は、吉備の地名に由来するともいわれ、今では岡山土産の代表となっている。また、桃太郎の家来の犬、猿、雉は、「犬飼」の名前などで、今もこの地に残っている。このような岡山の気候、風土、歴史と温羅退治の伝説とが密接に結びつき、桃太郎はこの地で生まれた。

遠く瀬戸内海まで見渡せる鬼城山の絶壁から眼下を望めば、古くから護り伝えられた巨大古墳などの多様な遺産と、ほかでは見ることのできない吉備津彦命と温羅の戦いの世界が広がり、吉備の地を訪れる人々を神秘的な物語へと誘ってくれる。

閉じる