藍のふるさと 阿波〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜STORY #081

シェアして応援!SHARE

藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜 藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜
藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜 藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜
藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜 藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜
藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜 藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜
藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜 藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜
藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜 藍のふるさと 阿波 〜日本中を染め上げた至高の青を訪ねて〜

みどころspot

  • 川真田徳三郎 北カネマン 顕彰碑

    川真田徳三郎 北カネマン 顕彰碑

    川真田徳三郎は、1860(万延元)年に、藍商の家(北カネマン)に生まれた。
    1885(明治18)年に県議会議員をふりだしに政界入りし、1890(明治23)年の第1回衆議院議員に30歳の若さであげられ、連続8回に及び当選した。
    実業界では、本家の川真田市太郎(本カネマン)と協力して阿波藍製販の改善や、1887(明治20)年には阿波国共同汽船(株)を輿し、1898(明治31)年には阿波藍(株)を大阪北堀江に設立し、初代社長となり、阿波藍の大阪売りの大多数を取り扱った。1899(明治32)年には、徳三郎の取り纏めで阿波藍製造販売同業組合が結成され、市太郎とともにその首脳となった。
    最も大きな功績は、1899(明治32)年に徳島鉄道(株)を設立し、社長となり、鴨島駅(藍屋敷前・工場)から徳島駅(藍場浜・倉庫、船場・店舗)まで鉄道を敷いたことである。後に小松島駅(阿波国共同汽船乗り場・港)まで敷設した。
    1917(大正7)年に58歳で逝去された。この功績は、松方侯爵、芳川顕正伯爵(川田村出身、東京府知事・各大臣を歴任、漢詩家)による碑文(漢詩)として残されている。
    1918(大正8)年11月建立。この石碑は元々は鴨島公園の中央に設置されていたが、1992(平成4)年に公園の再整備を行った際に現在地に移転した。

    徳島県吉野川市鴨島町鴨島甲1-1 鴨島公民館東側国道318号沿い公園

    続きを読む

  • 鴨島大菊人形 菊遊座と菊人形会場

    鴨島大菊人形 菊遊座と菊人形会場

    藍商から製糸業に転換した筒井製絲(株)の工場前に、大正14(1925)年の秋に「鴨島菊人形」の旗を見たのが菊人形のはじめであります。
    実業家筒井嘉太郎氏が鴨島菊遊会を組織し、昭和2(1927)年に藍商の本カネマン川真田市太郎氏から2千坪の土地の提供を受け、本カネマン藍屋敷(吉野川市民プラザ)東隣の広い畑(旧鴨島町役場→現ハローワーク)に、菊遊座を備えた会場を開設し、菊人形、四国菊花品評会が開催されました。その後、会場は有楽座、江川遊園地、鴨島公園と移りかわり、現在は吉野川市役所前広場で開催されています。
    菊遊座では阿波源之丞座による「阿波人形浄瑠璃」も上演されていました。
    藍商人は地域の文化や芸事の発展に貢献しました。

    徳島県吉野川市鴨島町鴨島252-1 吉野川市民プラザ(本カネマン藍屋敷跡、菊遊座跡は東隣)
    https://www.city.yoshinogawa.lg.jp/docs/2010100700678/

    続きを読む

  • 藍作地方特有の氾濫地帯の土地利用 外間(そとま)と呼ばれている吉野川河川敷内の畑

    藍作地方特有の氾濫地帯の土地利用 外間(そとま)と呼ばれている吉野川河川敷内の畑

    良質な藍づくりの鍵は、雄大な吉野川にある。日本三大暴れ川の一つである「四国三郎」吉野川は、たびたび氾濫し、流域は甚大な被害を受けた。
    その反面、洪水によって肥沃な土壌がもたらされ、豊富な伏流水にも恵まれたため、「阿波の北方」は、藍の栽培に適した土地となった。
    かつては、あたり一面藍畑だった阿波の北方の景色も、時代とともに変化しつつある。藍作の衰退後、養蚕業が盛んになり多くの畑が桑畑に変わったが、現在では出荷量日本一を誇る春ニンジンやスイートコーン「甘々娘」の他、野沢菜等、有数の園芸作物地帯となった。
    吉野川流域のかつての藍作地方特有の氾濫地帯では、特に柔らかくて甘い春ニンジンや、特に糖度が高くて甘いスイートコーン「甘々娘」が育つことで知られ、現在も吉野川の恩恵を受けている姿を見ることができる。

    徳島県吉野川市鴨島町知恵島(吉野川河川敷:外間(そとま))

    続きを読む

  • 須見家藍大市賞牌版

    敷地地区の藍師・藍商人として活躍した須見家に、徳島城下で開かれた藍大市から、優れた藍玉(蒅)を出品した証として贈られた賞牌板(金看板)(安政3年(1856)〈江戸時代後期〉~明治29年(1896))である。木製の賞牌板に、瑞一(日本随一【江戸後期】、日本瑞一【明治】)、准一、天上の3等級の文字や、取引相場(金拾銭に付、拾参匁(もんめ)換など)、荷主・売主に「徳兵衛、須見德平、須見千次郎、須見忠次郎」、買主に「森六郎、三木與吉郎、坂東安一などの徳島の藍商人、大阪藍會社、大阪仲買、東京売組合」、藍仲買に「新居庄平など」、須見家の屋号「∧角」(やまかく)、商標「泰平親玉」(たいへいおやだま)、金龍玉(きんりゅうだま)、良藍親玉(りょうあいおやだま)が墨書き、または刻印され、金色に文字が着色されている。

    ※非公開のため、訪問や問い合わせはやめてください。

    https://www.city.yoshinogawa.lg.jp/docs/2021032400048/

    藍のふるさと阿波スマートガイド

    続きを読む

  • 金勝寺 阿波屋善右衛門の供養塔

    金勝寺 阿波屋善右衛門の供養塔

    金勝寺の境内南東に建てられた巨大な石塔、阿波屋善右衛門の供養塔である。
    大坂で藍商を営み、豪商として名声があった善右衛門が最隆盛期に、先祖代々の霊を祀るために建立した石塔である。
    塔の周囲は、白い壁をめぐらし、いかにも豪商にふさわしいものである。
    大坂 願主 瑞閣宗吽禅定門 阿波屋善右衛門
    寛政10戊午9月建焉(1798年9月建立)

    徳島県吉野川市山川町西麓93

    続きを読む

ページの先頭に戻る