加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡-人、技、心-STORY #003

シェアして応援!SHARE

加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡 加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡
加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡 加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡
高岡御車山祭 高岡御車山祭 高岡御車山祭
高岡御車山祭 高岡御車山祭 高岡御車山祭
高岡大仏 高岡大仏 高岡大仏
加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡 加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡

ストーリーSTORY

高岡は商工業で発展し、町民によって
文化が興り受け継がれてきた都市である。
高岡城が廃城となり、繁栄が危ぶまれたところで
加賀藩は商工本位の町への転換政策を実施し、
浮足立つ町民に活を入れた。
鋳物や漆工などの独自生産力を高める一方、
穀倉地帯を控え、米などの物資を運ぶ良港を持ち、
米や綿、肥料などの取引拠点として
高岡は「加賀藩の台所」と呼ばれる程の隆盛を極める。
町民は、固有の祭礼など、地域にその富を還元し、
町民自身が担う文化を形成した。
純然たる町民の町として発展し続け
現在でも町割り、街道筋、町並み、
生業や伝統行事などに、
高岡町民の歩みが色濃く残されている。

高岡城と城下町の形成

高岡は、北陸を代表する穀倉地帯を背後に控え、北は富山湾に面し、雨晴海岸からは海越しに3,000m級の立山連峰の大パノラマを見ることが出来る、美しく豊かな自然に恵まれた環境を有し、古くは旧石器時代まで遡る人々の営みが見られた。

現在の高岡の基盤は、近世初期に形成された。加賀前田家二代当主前田利長は、若き頃に山城(守山城)から俯瞰し、この高岡の地が要害としての軍事的な機能だけでなく、水陸交通の要衝として経済的な機能を合わせ持つ理想的な地であると見抜き、慶長14年(1609)、高岡城を築城した。荒れ地であったにもかかわらず、この地で築城できる機会を心待ちにしており、驚異的な早さで建設工事を進め、築城開始からわずか半年で入城するに至った。城下町の一画に、資材の集積と調達を行うための拠点(木町)を設けたことや、砺波郡の西部金屋から7人の鋳物師を招き、無租地とするなどの厚い保護や特権を与え、鋳物づくりを行う鋳物師町(金屋町)を設けたことで、城下町としての繁栄を図った。

高岡城跡 高岡城跡

しかし、高岡城を創建し400余年に渡る高岡市の発展の土台を築き上げた人物である利長は、在城わずか5年で他界してしまう。家臣団はことごとく金沢に引き揚げ、次いで一国一城の令により、高岡城は廃城となったので、城下町の歩みを始めていた高岡は、たちまち絶望の淵に突き落とされたのであった。

城下町から商工業都市への転換

城がなくなれば、城下町は存在の意義を失ってしまう。高岡は、新設の政治都市として日が浅く、町を存続するにはそれ相応の対策がなくてはならない。三代当主前田利常は、一朝の夢に終わるかと危ぶまれた高岡の繁栄を、活を入れて立て直したのである。高岡町民の他所転出を禁じ、その上で、布御印押人を置くことで高岡を麻布の集散地とした。さらに、御荷物宿、魚問屋や塩問屋の創設を認め、城跡内には米蔵と塩蔵を設置するなど、商業都市への転換策を積極的に講じていった。

利常は、利長が高岡に相当の希望をかけていたことを知っていた。だからこそ、商業都市への政策転換を進める上でも、利長が築き上げた町割りなどを活かした形で行われた。異母弟である自分に家督を譲ってくれた利長への恩義も深く、菩提のために造営した壮大な伽藍建築を持つ瑞龍寺や異例の規模を誇る墓所は、利常自身のみならず、町民に永く利長の遺徳をしのばせ、併せて町の繁栄を願う気持ちも込めて建立された。また、利常は高岡が軍事拠点としての機能を失うことに対する危惧を持っていた。高岡城にあっては、平和的利用として米塩の藩蔵を建てることによって幕府に干渉の口実を与えず、城の郭や堀は完全な形で残すことができたのである。その姿は今日でも変わらない。利常の優れた経営手腕は、現在も数多く残る関連文化財群に垣間見ることができる。

高岡の近代化

利常の没後も加賀藩ではその意思を継ぎ、高岡の商工業発展のための方策を打ち出していった。利常によって再建された高岡は、商人の町であると同時に職人の町でもあり、藩政時代を通じて領内の鋳物業界を支配し、町としての特色が根付いていくとともに町民自身も自ら競い合いながら発展していった。最初は、鍋・釜などの生活用具、農具等の鉄器具類が作られていたが、次第に銅器の鋳造が始まり、18世紀後半になると香炉・花瓶・火鉢・仏具等の文化的な品物の需要が高まり、装飾性の高い製品が製造されていった。銅器製造が盛んになるにつれて、これらの製品を売りさばく商人や問屋も次第に力をつけ、北前船(バイ船)交易などによる国内流通の発展も伴い、江戸時代後期には全国各地に広い販路を確保し、海外貿易にも乗り出していくのである。

伏木港 伏木港

一方、伏木港の重要性は、砺波・射水両郡の穀倉地帯で収穫された米を各地の御蔵等から集めて伏木・吉久へ川下げし、伏木港から大坂・江戸へ廻米として積み出すという流通ルートが確立され、18世紀以降は、加賀藩全体の物資の集散地として、また、北前船(バイ船)の寄港地としてさらに強まることとなった。港町には何軒もの廻船問屋が軒を連ね、藩の経済の一翼を担う富をもたらすまでに成長した。流通の拠点として水陸の両路の基盤整備が進み、高岡が米や綿、肥料など生活に必要不可欠な物資の取引拠点として隆盛を極めた様子は、「加賀藩の台所」として後世に語り継がれている。
物資の取引拠点として富を得る一方、藩は町民が華美に流れるのを憂えていた。町民が贅沢を見倣うと勤労を厭うようになり、経済の基本を脅かすと考え、平生の倹約令を発していた。しかしながら、お祭りを盛大に行うことは奨励していたため、町民にとってはお祭りの日を待ちわび、日々の抑圧された不満を緩和するものとして盛大に行ってきた。

高岡御車山の御車山行事 高岡御車山の御車山行事

御車山祭はその代表的なもので、七基の御車山には彫金・漆工・染織など高岡の伝統工芸の粋を集めた豪華な装飾が施されている。山車は利長が町民に分け与えたことに起源を持ち、当初は素朴なものであったが、各部材の製作・購入・修理等は、開町以来培われてきた町民の経済力・工芸技術によるものである。山車を持つ各町が競うように絢爛豪華な装飾を施しながら現代まで伝承されている姿は、自ら主体となって地域に貢献してきた町民の心意気を象徴するものである。

町民の心意気とものづくりの職人魂

町民自身が担い手となり、地域に富を還元し町の発展に貢献してきたことは、近代以降にあっても継承されていった。明治の文明開化といった全国的な時代の変遷を経ても、町民にとっては商売継続の望みを失うことなく、むしろ実力を存分に発揮する長年待ち望んでいた好機としてすら捉えられるものであった。事実、維新後は県庁の所在地ではないためのハンディキャップを負いながらも、常に県都に比肩し日本海側屈指の商工都市として気を吐いている。とりわけ、鋳物業をはじめとする伝統産業は、繊細な技術やデザインを誇り、全国有数のものといっても過言ではない。

現在でも、町割り、街道筋、町並み、生業や伝統行事などに町民の歩みが独特の気風として色濃く残されている。競い合いながら発展を続けてきた町民の気質は、DNAとしてこの町に住む人々に受け継がれており、高岡はまだ発展の最中にある。歴史と文化の保存・継承のみならず、歴史資産を活かした取組みを進めながら、新たなまちの文化や魅力の創造に繋げていく。
【加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡 関連情報サイト】

ページの先頭に戻る